日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > ジャニーズ化するAKBに苦言

HKT48村重杏奈の謝罪コメントは運営に消された!? “ジャニーズ化”するAKB48Gに、よしりんが苦言

murashige0617.jpg削除されたHKT48・村重杏奈の謝罪コメント(Google+より)。

 AKB48ファンで知られる漫画家の小林よしのり氏が、スキャンダルをスルーし続けるAKB48に対し、苦言を呈した。


 AKB48は、2013年1月の峯岸みなみの坊主謝罪騒動以降、同グループに関するスキャンダル報道をことごとくスルー。今月、週刊誌にジャニーズJr.メンバーとの深夜密会が報じられたHKT48の村重杏奈(関連記事)も、報道当日にGoogle+で謝罪記事を投稿したものの、その後、削除されている。

「ファンの間では、村重の謝罪コメントを運営側が慌てて削除したと、もっぱら。中には、昨年8月の宮澤佐江とジャニーズJr.の深澤辰哉の熱愛報道に対し、宮澤の所属事務所が否定した例もあるが、これはまれ。NMB48・渡辺美優紀のお泊まり報道(関連記事)や、元AKB48劇場支配人の戸賀崎智信氏の脱法ハーブ報道(関連記事)をはじめ、数々の騒動を見る限り、スルーを決め込むのはAKB48グループの“運営方針”と見て間違いなさそうです」(芸能ライター)

 村重の騒動について、小林氏は自身のブログで「『私から(村重に)きっちり叱っておきました。子供には門限を決めます』と指原が言えば、それで終わる話なのだ」と持論を展開。さらに指原へ向け、「劇場支配人として、『スルー』という卑怯な文化は止めてほしい」とメッセージを送っている。

 また、AKB48にハマった理由を「『本気(マジ)』や『恋愛禁止条例』や『努力は必ず報われる』に感激したから」と明かし、「わしはこれ以上、AKBが壊れてほしくない」「『本気(マジ)』が再生してほしい」と思いを綴っている。

「長年、スキャンダルをスルーしてきた事務所といえば、ジャニーズが代表的。最近も、4月に女性への性的暴力と、未成年飲酒・喫煙を報じられたジャニーズWEST・藤井流星(関連記事)や、年上美女との同棲が報じられ、さらにキス写真までネット流出したHey!Say!JUMP・薮宏太などがいるが、事務所は通常通り完全スルー。ジャニーズはこれまで、事務所の圧力でマスコミに後追いさせないことと、コメントを出さないことで騒ぎを最小限に抑えてきた。実際、この対応によるファン離れも気にならない程度。これが、アイドルを多数擁する運営にとって、損をしない方法だということを証明してしたため、AKB48も倣いたいのでしょう」(同)

 今回の小林の発言に共感する人も少なくないようだが、ジャニーズ化するAKB48に、ファンはどこまでついていけるのだろうか?

最終更新:2014/06/17 19:32
こんな記事も読まれています

HKT48村重杏奈の謝罪コメントは運営に消された!? “ジャニーズ化”するAKB48Gに、よしりんが苦言のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

瓜田純士が見た、映画『孤狼の血』

AKB48ファンで知られる漫画家の小林よしのり氏が、スキャンダルをスルーし続けるAKB4...
写真