日刊サイゾー トップ > 芸能  > 長嶋一茂、騒動に頭抱える

「こんなはずじゃ……」江角マキコ“落書き事件”で、頭を抱える被害者・長嶋一茂

41B99PS1CXL.jpg「ONE WAY DRIVE」(ポニーキャニオン)

 女優・江角マキコの元マネジャーによる“落書き事件”で、被害者であるはずの元プロ野球選手・長嶋一茂が「こんなことになるなんて……」と頭を抱えているという。


 事の発端は、先月28日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によるスクープ記事。長嶋家とトラブルを抱えていた江角が、ウサ晴らしのために当時の男性マネジャーにスプレー缶を渡し、長嶋邸に「バカ息子」などと落書きするよう指示していたと報じられた。

 これに江角は9日、自身のブログを更新し騒動について謝罪。その一方で自身の関与は否定し、元マネジャーの単独行為であることを強調した。

 11日になると、さらに事態は急転。落書きされた当時(2012年12月30日)、一茂が当局に被害届を出し、被疑者不詳のまま受理されていたことが判明したのだ。しかも文春報道を受け、犯人が元マネジャーと特定されたことで、当局は器物損壊容疑で捜査を再開。社会部記者によると「現時点で被害届は取り下げられておらず、捜査は継続中。当局の事情聴取にマネジャーは容疑を認めており、器物損壊容疑で書類送検される可能性が高い。マネジャーの口から江角の関与を表す証言は出ていないようだが、今後の捜査次第で彼女も無傷では済まない」という。

 とはいえ、一茂の本音は「これ以上、大ごとにしたくない」という考え。できることなら被害届を取り下げ、江角サイドと話し合いでことを収めたいようだが……。

「一茂さんの奥さんがいまだに怒っており、被害届の取り下げに同意していないそうなんです。しかも妻はマネジャーではなく、江角が主犯とみている」とは事情を知る関係者。

 江角と一茂の妻は、同じ学校に子どもを通わせるママ友同士。以前は仲が良かったが、子どもをめぐるトラブルから、今では犬猿の仲に……。別の関係者は「一茂さんはそんな妻にモノを言うことができないとか。彼の気疲れも相当でしょう(笑)」と話す。

 男同士のケンカより、ママ友同士のバトルは根が深いようだ。

最終更新:2014/09/14 08:00
こんな記事も読まれています

「こんなはずじゃ……」江角マキコ“落書き事件”で、頭を抱える被害者・長嶋一茂のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

「7.22銃乱射事件」が映画化

女優・江角マキコの元マネジャーによる“落書き事件”で、被害者であるはずの元プロ野球選手・...
写真