日刊サイゾー トップ > 芸能  > 記者に逆切れするお笑い芸人
ジーパン刑事の「芸能界マル秘裏ネタトーク」

芸能マスコミ“受難”の日々……逆ギレして記者を突き飛ばしたお笑い芸人って!?

41iigZ9yF6L.jpg『de part~takako uehara single collection~』(SONIC GROOVE)

 “ジーパン刑事”の愛称でおなじみのジャーナリスト・片岡亮が、集めるだけ集めたのに忙しすぎて記事にできないマル秘裏ネタ情報を、日刊サイゾー芸能担当と大放言! ここだけの話、かなりヤバいです……。

■イタリアで本物のセレブと邂逅!

サイゾー担当 仕事でイタリアに行っていたそうで、なんの取材だったんですか?

片岡 実は、付き合いのある現地の芸能雑誌からの依頼だったんですけど、日本語のできるシンガポール人に扮してカプリ島のセレブパーティーに潜入したんですよ。

サイゾー担当 なんですか、それ!

片岡 日本だと、有名タレントとかセレブといっても買うものが高級になったりする程度で、行動自体は一般人と大差ないことが多いんですけど、欧米だとセレブだけの社交場みたいな世界があって、マナーや振る舞いがまったく違ったりするんですよ。英語の言葉遣いから違っていたりして。

サイゾー担当 そういう意味じゃ、日本で本当のセレブって、皇室とかに限られるかもしれないですよね。で、どんなパーティーだったんです?

片岡 超人気ブランドのオーナーの別荘とかもあるようなところで、島の岸壁からヘリコプターやボートで、隠されたような入口に入ってエレベーターで抜けると、一面、白壁の空間。一見してセレブオーラのある人たちが行き交って、まるで映画の中にいるようでした。

サイゾー担当 それはすごいですね。いったい、どんな人が参加してたんですか?

片岡 大企業の株主やら歌手、スーパーモデルなど成功者ばかりでしたけど、名刺交換するような場じゃないので「どこかで見た人物だけど……誰だっけ」というようなことも多かったです。土地柄、イタリアンマフィアの大物もいました。

サイゾー担当 よくそんな場に入れましたね。

片岡 というのも、そこに日本のIT企業の経営者が参加していて、その方々と話すことになったときの軽い通訳も兼ねていたんですよ。

サイゾー担当 じゃあ滞在中は、かなり豪遊できたんですか。

片岡 いや、それが仕事以外では借りた高級スーツを返して安宿にいましたから、バックパッカーに戻ってました(笑)。何しろ物価が高くて、報酬の分ぐらい食事代などにすぐ消えてしまって。しかも、帰国便でモスクワに立ち寄ったら、アエロフロート航空が僕の預け荷物をロストしてしまったんですよ。


12
こんな記事も読まれています

芸能マスコミ“受難”の日々……逆ギレして記者を突き飛ばしたお笑い芸人って!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

阿佐ヶ谷姉妹インタビュー

仕事でイタリアに行っていたそうで、なんの取材だったんですか?片岡 実は、付き合いのある現...
写真