日刊サイゾー トップ > 芸能  > 佐村河内がアッコに牙をむくワケ

“偽ベートーベン”佐村河内守氏が、和田アキ子に宣戦布告! その狙いとは──

samura1025.jpg撮影=山本宏樹

 久しぶりにその名前を聞いた。耳がまったく聞こえない全聾(ろう)であることを偽っていた佐村河内守氏が、“芸能界の女番長”こと和田アキ子に牙をむいた。

「放送倫理・番組向上機構(BPO)」の放送人権委員会は22日、ゴーストライター騒動が発覚した佐村河内氏の謝罪会見を取り上げたTBS系情報バラエティ番組『アッコにおまかせ!』について、審理入りを決めたことを明らかにした。同氏が8月26日付で委員会に人権侵害を申し立てていた。


 問題となったのは、謝罪会見を取り上げた3月9日放送分。VTRでその模様を流し、その後、アッコら出演者が意見するという流れだった。佐村河内氏は申立書の中で「視聴者に『聴覚障害者であるかのように装って記者会見に臨んだ』との印象を与えた。同程度の聴覚障害のハンディキャップを持つ者に対しても、社会生活上深刻な悪影響を与えた」と、名誉侵害を主張。また、番組に「悪意ある編集」があったとも訴えた。

 これに、TBSは「綿密な取材と診断書についての専門家の見解の上で制作しており『悪意ある編集』などによって聴覚障害がないと断定したものでもない」とコメント。一部で争う姿勢を見せている。

 テレビ関係者は「誰もが佐村河内氏に対して『おまえが言うな!』とツッコミたくなりますが、彼は全聾ではないものの、音がゆがんで聞こえる感音性難聴と診断されている。要は『俺もれっきとした聴覚障害者』ということ。彼はメディアをくまなくチェックしていて、中でも『おまかせ』の扱いがひどかったと憤慨。弁護士を通じて、以前から『おまかせ』に抗議していたそうです」と話す。

 とはいえ、佐村河内氏をネタにしていたのは、『おまかせ』だけではない。なぜ同番組だけが、攻撃対象に選ばれたのか――。これに、某週刊誌デスクは次のように推察する。

「やはり、和田アキ子の存在が大きいでしょう。彼女はネットを中心に嫌われキャラで通っている。ここにケンカを売っても、佐村河内氏はそこまで叩かれないと計算したのでは? 嫌われ者だからこそわかる、絶妙の選択。現にネット上では、佐村河内氏を応援する書き込みも多く見られます」

 佐村河内氏は、騒動を機に収入が激減。再び音楽関係の仕事に就きたいようだが、どこからも相手にされていない。

 前出テレビ関係者は「佐村河内氏は、地に落ちたイメージを回復しなければ何も始まらないと考えている。『おまかせ』がBPOで問題になれば、少なくともメディアはバッシングしにくくなる。それを復活への足掛かりにしたいのでしょう」と話す。

 和田アキ子を“踏み台”にするつもりなのか――。

最終更新:2014/10/27 15:42

“偽ベートーベン”佐村河内守氏が、和田アキ子に宣戦布告! その狙いとは──のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

徳川家茂の激動人生、恋人を殺害?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

オズワルド「M-1決勝に行けなかったら忘れられる」

久しぶりにその名前を聞いた。耳がまったく聞こえない全聾(ろう)であることを偽っていた佐村...
写真