日刊サイゾー トップ > 芸能  > ふなっしー“中の人”問題が深刻化

弱音は本音だった!? 引退報道否定も、徐々に仕事が減りそうなふなっしーの“中の人”問題

fnss.jpgふなっしー 添い寝抱き枕

 5日付の東京スポーツが、千葉県船橋市非公認ご当地キャラクター・ふなっしーの引退説を1面で報じた。

 同紙によると、ギャラがゴールデン&プライム帯なら最低40万円~、特番なら100万円以上に高騰。毎回腰をかがめるため、1人しかいない“中の人”の腰痛が悪化したこと、さらに、バラエティ番組からオファーがあると、必ず自身の“後継者”に据えようとしている弟キャラ・ふなごろーとの“セット売り”を提案されることなどを引退の理由として報じた。

 同紙の記事に対して、ふなっしーは同日、自身のTwitterでフォロワーから「(記事は)ふなっしーに取材もなく書いてるんだよね?」と質問されると「そのとーりなっしー」と元気に回答。「いつも思うんだけど結構信じちゃう人がいるのがびっくりなっしなー」、「みんなもデマには気をつけてなっしー」と報道を否定した。

 おそらく、今が人気絶頂に差しかかっているだけに、否定するのもやむを得ないが、どうやら、“売り時”は今年いっぱいのようだ。

「先日行われたふなごろーのお披露目イベントでは『そろそろ疲れてきたから、ふなごろーのマネジメントをしてゆっくりしてもいいなっしー』と発言していたが、結局、あれが本音。現実的にスケジュールがパンパンにもかかわらず、どんどん仕事を入れてしまうため、数カ月前からはダブルブッキングが目立ち、その都度、ギャラや条件のいい仕事を優先している。実は、ふなっしーのマネジメントをしているのは、大手芸能プロや代理店ではなく、船橋市に住む一般の男性。素人が仕事を受けているのである程度は仕方ないが、オファーを出すほうも売れているうちだからそんな状況を受け入れている」(週刊誌記者)

12

弱音は本音だった!? 引退報道否定も、徐々に仕事が減りそうなふなっしーの“中の人”問題のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

『解放区』は何が問題だった?

5日付の東京スポーツが、千葉県船橋市非公認ご当地キャラクター・ふなっしーの引退説を1面で...
写真