日刊サイゾー トップ > 芸能  > 沢尻の広告起用が急増したワケ

「別に」から7年……沢尻エリカの広告起用が増加! ギャラ4,000万円強気設定のワケ

sawajiri1016.jpg

 女優の沢尻エリカが、広告業界で人気だ。

 発売中の「フライデー」(講談社)は、大手広告代理店が作成した「タレントCMギャラリスト」を元に、女性タレントのランキングを掲載。トップは、ここ数年変わらず、4,000~4,500万円の綾瀬はるか。そして、2位は意外なことに、スキャンダラスなイメージがつきまとう沢尻。ギャラは3,500~4,000万円だといい、仲間由紀恵、北川景子、石原さとみ、吉高由里子、堀北真希ら、並み居る女優たちを抑えてのランクインとなった。

 一連の離婚騒動や大麻使用疑惑により、一時は仕事が激減した沢尻だが、昨年の主演ドラマ『ファースト・クラス』(フジテレビ系)の連ドラ復帰をきっかけに、広告の仕事が急増。現在は、養命酒製造やニフティー、下着通販サイトをはじめ、数々の広告キャラクターを務めている。

 しかし、昨年4月クールの『ファースト・クラス』1stシーズンは人気を博したものの、この半年後にスタートした2ndシーズンは、プライム帯で全話平均6.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と大惨敗。広告業界でもてはやされる理由は、どこにあるのだろうか?

「やはり、圧倒的な存在感でしょう。世間一般の好感度は決して高いとはいえませんが、ここまでの大物感を演出できる若い女優はほかにいませんから、インパクト重視の広告においては重宝されています。また、最近はバラエティ番組などに出演しては、自らの過去に触れ、『あの頃の態度はひどかった』『精神的に末期だった』などと笑い飛ばし、時に『反省しております』と謝罪も。テレビで“終わったこと”として発言を繰り返せば、それが既成事実になりますからね。彼女の仕事に対する姿勢は、業界内で買われていますから、広告起用は今年、さらに増えるのでは?」(広告業界関係者)

 強気のギャラ設定も、大女優であり続けるための、彼女なりの策なのかもしれない。

最終更新:2015/01/09 19:30
こんな記事も読まれています

「別に」から7年……沢尻エリカの広告起用が増加! ギャラ4,000万円強気設定のワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

ブレーク前夜!宮下草薙に聞く

女優の沢尻エリカが、広告業界で人気だ。 発売中の「フライデー」(講談社)は、大手広告代理...
写真