日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > STARTO(旧ジャニーズ)  > 丸山隆平が“朝の顔”で大丈夫?

丸山隆平が“土曜朝の顔”で大丈夫!?「関ジャニ∞は視聴率が取れない」を払拭できるか

jigokusensei1022.JPG日本テレビ『地獄先生ぬ~べ~』公式サイトより

 2003年から12年続いた土曜朝の情報番組『知っとこ!』(TBS系)が3月で終了し、4月から関ジャニ∞の丸山隆平が司会を務める生放送の情報番組が始まることが分かった。


 連続ドラマ『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ系)や『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(テレビ朝日系)で主演を務めた丸山だが、司会はこれが初。小堺一機、小島瑠璃子と共に進行役を務め、“健康”や“お金”の情報を主に取り上げるという。

 関ジャニ∞といえば、冠番組『関ジャニの仕分け∞』(同)が11年からゴールデン帯で続いているほか、個々にレギュラー番組も。昨年は『24時間テレビ「愛は地球を救う」』(日本テレビ系)のメインパーソナリティーを務めるなど、ジャニーズの中でも目覚ましい活躍を見せている。

 しかし、一部では丸山の司会に不安の声が上がっている。

「グループでは勢いのある関ジャニ∞も、ソロでは『視聴率が取れない』ともっぱら。メイン司会が“番組の顔”となる情報番組において、丸山の起用は思い切った決断という印象です。また、TBSは国分太一がキャスターを務める『いっぷく!』が2~3%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と低迷しており、来月いっぱいでの打ち切り説も浮上しているだけに、丸山の新番組も今から心配です」(制作会社関係者)

 確かに、昨年は、大倉忠義主演の連ドラ『Dr.DMAT』(TBS系)が全話1ケタで大コケ。錦戸亮主演『ごめんね青春!』(TBS系)も全話平均7.6%と低迷し、同時期に放送された『地獄先生ぬ~べ~』も1ケタまで落ち込むなど、苦戦を強いられた。

 さらに、一時は好調だった『関ジャニの仕分け∞』も、看板企画の“歌ウマ”が飽きられ、最近は1ケタを連発。先月、『もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!』(テレビ朝日系)を終了させるなど、バラエティ番組の編成を見直しているテレ朝にとって、『関ジャニの仕分け∞』の落ち込みようは見逃せないだろう。

「“打ち切り圏内”といわれる『関ジャニの仕分け∞』に加え、もし丸山の新番組も振るわないとなれば、いよいよ“低視聴率グループ”のレッテルを貼られかねない。関ジャニ∞はそれなりにキャリアを積んでいるものの、お茶の間になかなか個人のキャラが浸透しない。“地方色の強いグループ名が、関西以外の視聴者を無意識に遠ざけている”ともいわれており、実際、『SMAPや嵐なら見るけど、関ジャニ∞だと、なんとなく見る気にならない』という視聴者の声は意外と多いようです」(芸能ライター)

 丸山は、「関ジャニ∞は、数字が取れない」という下馬評に打ち勝つことができるだろうか?

最終更新:2018/12/11 13:22
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

山崎製パンで特大スキャンダル

今週の注目記事・1「『売上1兆円超』『山崎製パ...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真