日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 坂口杏里に「うぜーっ」の大合唱

坂口杏里の意味深ツイートに「うっぜーっ!」の大合唱、“炎上仕込み”大成功!?

sakaguchi1217.jpg

 タレントの坂口杏里(23)が22日、交際中のお笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二(38)との破局説を否定した。

 坂口は、21日にTwitterで「いつか来るさよならが今来ただけで、みんないつかさよならが来るんだよ。でも、その人のこれから先の幸せを祈ることしかできないの ふぃーーーー」と意味深なツイートを投稿。同時に、涙を拭うようなしぐさをする自撮り写真を掲載した。

 ネット上では「ついに別れたか」「そもそも、付き合ってたかどうかも怪しいけど」「予想通り、早かったね」「小峠おめでとう!」など、小峠との破局を想定した書き込みが殺到。一部スポーツ紙も、「坂口が意味深ツイート」などと報じた。

 これを受けて同日、坂口はTwitterで「誰も恋愛でさよならが来るだなんて言ってません、!本当適当なこと書くよね、ネットだと。。。」(原文ママ)と、強い口調で否定。翌日には、ブログで担当マネジャーの退社を報告していることから、どうやら「さよなら」が来たのは、マネジャーのことだったようだ。

 この一連の流れに対し、ネット上では坂口への批判が殺到。「うっぜーーっ!!」「だったら、紛らわしい書き方するな!」「めんどくさい女っ!!」と反感を買っている。

「今回、ネット民を完全に敵にまわした坂口ですが、22日には『叩かれることも、何言われることもなれてるからなんでもこい!』と強気なツイートも。今後も、何かあるたびに“坂口叩き”が起きそうです。坂口といえば、小峠と交際をスタートしてからというもの、求愛していた以前に比べると、マスコミの食いつきがイマイチ。そのため、大きな収入源だったPRイベントの仕事が減ってしまった。ここ最近、坂口が脚光を浴びたことといえば、Twitterで『耳たぶがちぎれたよ』と報告したことや、昔のグラビア写真を掲載して『腕ムチムチ ぽよぽよ』とツイートしたことくらい。本人も、話題作りに必死なのでしょう」(芸能記者)

 浮き沈みの激しい芸能界で、坂口は“炎上タレント”として、どこまで延命できるだろうか?

最終更新:2015/02/23 23:00
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

小池百合子都知事周辺で風雲急!

今週の注目記事・第1位「小池百合子元側近小島敏...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真