日刊サイゾー トップ > エンタメ  > モラハラ栗田貫一、実は小心者?

“モラハラ”で批判集中の栗田貫一、実は小心者?「怒ったのを見たことない」と現場の声

「ものまねタレントは、人気タレントあっての仕事で、本物より上に見られることが少なく、コンプレックスを持っている人が多い。どんなに頑張っても一流タレントとして見てもらいにくいところがあって、よくある本物との共演でも、本物のほうが露出は少ないのにギャラで倍以上の差をつけられることもあります。営業仕事も多く、頭を下げることも多いので、ストレスをためやすいのかもしれません」(同)

 心理学者の野村高一氏によると「モラハラ加害者の大半はプライドが高い半面、小心者で外ヅラがよく、その反動で異常にお金に細かくなったり嫉妬深くなったりする」という。

「弱い者にだけ強く、身近な人の人格否定をすることで自己満足に浸るので、自己愛性人格障害と見る向きもあります。治すには本人が性格的な欠陥を認め、日頃の言動に問題があることに向き合わないと難しいです。その意味では今回、栗田さんがわざわざ自分の好感度を下げる行為を世間に晒したことは、改善する可能性を残しているともいえます」(同)

 公の場で妻に当り散らすというのはみっともない話だが、それを公開したことで夫婦間にいい変化があることを願いたい。
(文=ハイセーヤスダ)

最終更新:2015/03/11 11:42
12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

松本人志訴状のツッコミどころ

今週の注目記事・第1位「『岸田の金庫番』総理...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真