日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 益若がスザンヌにエール→即炎上

益若つばさ「子どもは気にしない」発言で炎上中! スザンヌにアドバイスも「お前が言うな」と非難ごうごう

masuwaka0318.JPG益若つばさ公式Twitterより

 タレントで6歳の息子のシングルマザーでもある益若つばさが18日、都内で行われたPRイベントに出席。前日に離婚を発表したスザンヌに向けてエールを送ったが、その発言が物議を醸している。

 益若は、「スザンヌさんだったら、楽しく子育てしているイメージなので、頑張れると思う。(離婚は)時間がたてば笑い話になりますし、子どもは全然気にしないので、大丈夫」「家族や周りの方たちのサポートを、ありがたく受け取ってください」などとアドバイスを送った。

 これを受け、ネット上では「子どもは全然気にしない」という発言を「軽はずみな言動」として問題視する声が続出。「子どもは、親に気を遣って気にしていないフリをしてるだけ」「決めつけるな。気にしてるかどうかなんて、子どもにしかわからない」「子どもが気にしていないとしても、親が言うことではない」と異論が殺到。「母親失格」などと、厳しい言葉も見受けられる。

 益若は、渋谷のマクドナルドで共通の友人を介して知り合った読者モデル(当時)の梅田直樹と、2007年に“デキ婚”。しかし、約4年後に別居。13年、すでに離婚していたことを公表した。

「益若は最近、1月にブログで『昨日は原宿駅歩いてたら『モデルさんになりませんか?』ってスカウトされたよ!』と自慢げに明かし、ネット上で袋叩きに遭うなど、炎上騒動が目立つ。また、かつては『下ネタが苦手』としていた彼女だが、最近ではみずからテレビ番組で際どい発言を連発するなど、“キャラ変”も。どうやら、こうした自己主張が目立ち始めたのは、昨年10月にオリジナルブランド『EATME』を原宿にオープンしたあたりから。ゆえに、『宣伝のために、注目を浴びようと必死』などと揶揄されている。今回の問題発言で、炎上タレント化にますます拍車をかけそうです」(芸能記者)

 全盛期には「お人形みたい」といわれ、ギャルの憧れの存在だった益若。今年で三十路を迎える彼女は、炎上以上に注目を浴びることができるだろうか?

最終更新:2015/03/18 23:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed