日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > NMBカード中止は「秋元康激怒」

秋元康激怒による制裁だった!? NMB48“あざとすぎる”ミュージックカード販売中止騒動の裏側

dontlookback.jpg「Don’t look back!」laugh out loud records

 当サイトでも既報の通り(記事参照)、その原因について、さまざまな臆測が入り乱れていたアイドルグループ「NMB48」のミュージックカード販売中止騒動だが、関係者の間でまことしやかにささやかれているのが、48グループの総合プロデューサー・秋元康氏(56)の激怒説だ。

 ミュージックカードは、カードに記載された楽曲をダウンロードで入手できる新手の販売ルート。1枚300~500円とCDより安価で、オリコンのシングルランキングにも合算されてきた。そのため、48グループやEXILEなどが積極的に導入。一方で、そのマーケティングがファンや音楽関係者から「汚い!」と批判を浴びていた。そんな中、今月末に予定されていたNMB48ミュージックカードの販売が突如中止されたのだ。

 一連の騒動を時系列で見ていくと、まずは1月23日に、「SKE48」の17枚目シングル、NMBの11枚目シングルが、3月31日同時リリースされると明らかになる(ともに当時タイトル未定)。同時リリースは48グループで初の試みだ。

 その後、1月28日に、オリコンが、売り上げチャートでミュージックカードの合算集計(4月6日以降販売分)を中止すると発表。

 直後の同31日、SKEは公式サイトで、17枚目のシングル「コケティッシュ渋滞中」でミュージックカードの販売を公表する。その約1カ月後の今月8日に、NMBが公式サイトで、11枚目のシングル「Don’t look back!」でミュージックカードを販売すると伝えた。

 ところが、同14日にNMBが公式サイトで、ミュージックカードの販売中止を報告し、ファンを騒然とさせる。

 中止の原因をめぐっては、“予約の時点でミリオンを達成し、48グループの中心である「AKB48」を超え、面目をつぶしてしまう”“SKEのレコード会社『エイベックス』がNMBのレコード会社『よしもとアール・アンド・シー』に『こっちが先だろ! マネするな!』と圧力をかけた”“秋元さんがSKEのセンターである松井珠理奈(18)をお気に入りで、SKEに花を持たせたかった”など、ファンの間で諸説飛び交っていた。


12

秋元康激怒による制裁だった!? NMB48“あざとすぎる”ミュージックカード販売中止騒動の裏側のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

Twitterでチケット転売はアリ?ナシ?

当サイトでも既報の通り、その原因について、さまざまな臆測が入り乱れていたアイドルグループ...
写真