日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > AKB・坂道系  > 奇行の峯岸、喜矢武豊との疑惑

奇行のAKB48・峯岸みなみ“髪の毛”と“ラブレター”に不気味な執着!? 蒸し返される金爆・喜矢武豊との疑惑

minegishi.jpg撮影=岡崎隆生

 AKB48の峯岸みなみが、20日放送の音楽番組『UTAGE!』(TBS系)に出演。この日のテーマ「片思いをしている時に聴きたい歌」にちなみ、自身の片思いエピソードを披露し、共演者からドン引きされる一幕があった。

 「小学校1年生から6年生まで、同じ人が好きだった」という峯岸。「愛情の表現の仕方がちょっと曲がってて……」と前置きした上で、「ラブレターに名前を書かずに、自分の髪の毛を貼って、匿名で出して、それを端っこで見てた」と当時の奇行を暴露。そんな自身を「見守りフェチ」と振り返った。

 これに、共演者や観客は「え~」「怖い怖い」などと驚愕。MCのSMAP・中居正広が「変な性癖だな」と言い放ったほか、アシスタントのAKB48・渡辺麻友は口を手で覆い、目を見開き、凍り付いていた。

 番組終盤のスタッフクレジットが流れる中、最後にドン引きエピソードを投下した峯岸。これに伴い、ネット上では、ゴールデンボンバー・喜矢武豊との“ラブレター騒動”が再燃している。

 おととし8月、ネット上に峯岸が喜矢武に贈ったとされるラブレターの画像がネット上に流出。そこには、「キャンさんへ お誕生日おめでとう(はぁと)」「キャンさんが誰と仲良いとかでいちいち色々言ってしまったけど、そんなことよりも一度裏切ってしまった私に心からの言葉をかけ○してくれるキャンさんをとても大切に思っているし、失いたくないと心から思ってる。初めて会ったときから、ここまでの関係になれると思ってもみなかった!」「一緒にいる時間が愛しくて笑顔が可愛くて声が優しい」などと直筆で書かれ、さらに峯岸のサインや、「いつまでも一緒にいよーね」とおぼしき文字も(読み取れない箇所は○)。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed