日刊サイゾー トップ > 芸能  > 橋下徹市長、否決も勝ち戦だった

どっちに転んでも勝ち戦だった! 政界引退の橋下徹市長についた“驚愕のお値段”とは

hashimototoru0521.jpg『橋下氏「引退」表明 地元大阪で飛び交う“臆測”(15/05/18) – YouTube』より

 大阪維新の会代表の橋下徹市長が政治生命を懸けて訴えた「大阪都構想」が、僅差で否決された。

 橋下氏は12月の任期満了をもって、政界引退を表明。早くもその動向に注目が集まっている。

 関西のテレビ業界では、故・やしきたかじんさんの“後釜”に据えようとする動きが活発化。19日付のサンケイスポーツでは、テレビ大阪『たかじんNOマネーBLACK』のプロデューサー男性による「これまでもご出演いただいていたこともありますし、また機会があればぜひお願いしたい」というコメントを掲載。東京スポーツでは、視聴率低迷が叫ばれるフジテレビの上層部が、早くも橋下氏の“囲い込み”を指示。平日昼のワイドショー番組で独走する宮根誠司の『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)に対抗し、橋下氏をメーン司会に起用した新番組を立ち上げたい考えが伝えられた。


 こうしたことからもわかる通り、橋下氏が仕掛けた「大阪都構想」は、どっちに転んでも橋下氏にとって勝ち戦にほかならない。在阪のテレビ関係者は「本人が一番自分の価値をわかっている。都構想が可決されれば、これまで以上権力を持つことができるし、否決されても第二の人生は磐石。テレビ出演、本の出版、講演会などオファーは引く手あまた。引退後の年収は一気に億超えは確実。CMなども含めれば、2~3億円は稼ぐのではないか? とウワサされています」と話す。

 抜け目のない橋下氏は政界引退後を見越して、すでに東京都内に不動産を購入しているという情報もある。

「いずれ国政に打って出るつもりなのか、タレントとして東京進出するつもりなのか。どちらにしても、政界引退後は家族で東京に移住するつもりのようです」とは政界関係者。

 大阪都構想の夢は崩れ去ったが、バラ色の人生が待っていることは間違いない。

最終更新:2015/05/22 13:00
こんな記事も読まれています

どっちに転んでも勝ち戦だった! 政界引退の橋下徹市長についた“驚愕のお値段”とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

瓜田純士が逃走犯をプロファイリング

 大阪府警富田林署の面会室から脱走した樋田淳也容疑者(30)が、1週間以上たった現在も...…
写真