日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > フライにされたツチノコ発見!?
ホントにうまいのか? 珍級グルメハンター第41回

【怒濤の名古屋3連珍】その2 フライにされたツチノコ発見!? ナイフにも伝わるその美味さとは

chinkyu41052201.jpgパッと見、なんのフライだかわからないくらい、わらじライク。

「ワレ、ツチノコヲ発見シタリ。ソノ味、美味ナリ」
 
 そんな電報を打ちたくなる珍級グルメは、やっぱり名古屋にあった!
 
 鍋焼きうどんのはずなのに、煮えてないように硬かったり、パスタに餡をかけてみたり、トンカツに味噌をつけて食べたりと、独自のセンスが光る名古屋グルメ。その街で見つけたのがこのフライだった!

 まるで、ツチノコをさばいて揚げたような太い身に、小さな尻尾が。その尻尾はエビのようにも見えるが……。

「ポン酢と、もみじおろしで食べてね」

 女将さんにそう言われ、ナイフを入れると、んんん……?

 その弾力は、ナイフを入れる手にも伝わってくるほどで、舌で味わう前に手が、「うもうございます!」って言っている。

chinkyu41052202.jpgプリップリで弾力あるエビが、でらうまい。

 そして、その断面を見る限りはやっぱりエビだ。

 にしても、なんでこんなに身が平べったくて太いのか? 実はこの「わらじフライ」と名付けられたフライは、特大のブラックタイガーを開きにして揚げたフライなのだ。
 
 ナイフにさえ伝わる弾力は、頬張ると、半身であるにもかかわらずプリップリの食感が。東京出身の記者的には、あっさりしたポン酢やもみじおろしよりも、濃厚なタルタルソースで食べたい逸品だった。

 さすが、エビフリャーの街だけに、

「でらうみゃーでかんわ」。

chinkyu41052203.jpgとんかつがメインで、エビフライは大、中、普通、わらじがある。バス停の目の前で至極便利。

ひょうたんや
「わらじフライ」1,700円(+350円で赤出し付きの定食に)
インパクト ☆☆☆!!
味     ☆☆☆!!
店     ☆☆

(写真・文=よしよし)

最終更新:2019/11/28 19:19
関連キーワード

【怒濤の名古屋3連珍】その2 フライにされたツチノコ発見!? ナイフにも伝わるその美味さとはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

「オナニーは害悪」近代日本のトンデモ性教育史

「ワレ、ツチノコヲ発見シタリ。ソノ味、美味ナリ」    そんな電報を打ちたくなる珍級グル...
写真