日刊サイゾー トップ > エンタメ > コラム  > No.1は令和ロマン!
M-1決勝前におさらい!

No.1は令和ロマン! 元芸人が準々決勝で敗退した全ネタにひとことレビュー

文=檜山 豊(ひやま・ゆたか)

No.1は令和ロマン!? 元芸人が準々決勝で敗退した全ネタにひとことレビューの画像1
「M-1グランプリ2021」公式サイトより

 12月2日無料動画GYAO!で「M-1グランプリ2021」ファイナリスト発表記者会見が行われ、出場者過去最多6017組の中から勝ち上がった9組が発表された。今回は初出場の芸人が多く、新たなスターの誕生か? それとも常連組が初優勝するのか? もしくは敗者復活で上がってきた芸人が優勝をかっさらうのか? 果たしてどうなるのか、毎年起こる感動のミラクルを今年も期待してしまう。

 もちろんそのミラクルの陰には、惜しくも敗退していった芸人たちがいる。今回はそんな惜しくも散っていった芸人たちに焦点をあて、元芸人として、今まで誰もやっていないであろう【準々決勝で敗退した全芸人たちのネタにひとことレビュー】をしていこうと思う。ちなみに準々決勝で敗退した芸人のネタは今も無料動画GYAO!で見ることが出来るので、動画とレビューを照らし合わせてもらえるとそれはそれで面白いかもしれない。

 早速一組目からレビュースタート!(※すごく長いです)

1.赤もみじ…「博多ラーメン好きへの偏見」
最初の笑いまでが長いので、お客さんが離れてしまう。笑いのピークが最後なのは良いが、そこまでがどこかで見たようなボケなのが残念。ツッコミに人間味が欲しかった。

2.アキナ…「子供のためのオリジナル知育ゲームを作ろう」
ゲームが2部構成になっていて、ひとつめはベタな展開と架空の言い訳が万人受けしない。ふたつめは動きもありテンションもあがるので笑いやすかった。キャラがしっかりしてるので、奇をてらわず万人受けで良い。

3.阿佐ヶ谷姉妹…「おばさん検定に合格しよう」
設定は阿佐ヶ谷姉妹のキャラに合っていてお客さんの笑いも取れていたが、検定自体が大喜利要素が強い為、ボケが想像を越えられずネタ自体は弱く感じてしまった。

4.アントワネット…「お医者さんになって患者さんを診察したい」
ボケ自体はダジャレなど古めなボケなのだが、ボケとツッコミのキャラクターが良く、終始面白かった。ただ最初から最後まで50点~70点ボケを連発しているイメージだったので、最後のほうに90点くらいのボケがあれば準決勝に行けたかもしれない。惜しい。

5.アン縫い…「美容師になりたい」
めちゃくちゃ使われる設定だが、ボケもツッコミも癖があるので面白く感じた。ツッコミはアドリブなしの選別されたツッコミ台詞なのでウケやすい。ただし狙ったところで笑いが起きなかった場合、アドリブで突っ込まないので笑いが起こらない。アドリブを覚えると一皮むけると思う。

1234567891011

No.1は令和ロマン! 元芸人が準々決勝で敗退した全ネタにひとことレビューのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

ユーチューバー宮迫博之、逆風止まず

 焼肉屋「牛宮城」の開業を目指し奔走中の元お...…
写真
インタビュー

EXILE世界が選ぶ2020年最高のアニメ

──2020年は新型コロナウイルスに振り回される一年だったが、それでもエンタメ業界は暗い...
写真