日刊サイゾー トップ > 芸能  > 安藤美姫に大ブーイング!

「どのツラ下げて……」恋人とツーショット出演した安藤美姫に大ブーイング!

andoumiki0624.jpg

 フィギュアスケートの元世界女王でプロスケーターの安藤美姫が22日、3月のフィギュアスケート世界選手権で優勝した恋人のハビエル・フェルナンデスと『しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話 合体SP』(日本テレビ系)に出演した。

 テレビ初共演となった2人は、のっけからラブラブモード全開。恋人の通訳を務めた安藤が「私のどこが好きなんですか?」と尋ね、フェルナンデスが「すべて好き」と答えたり、「どっちから先に告白したのか」という質問に、フェルナンデスが「ミー」と即答するなど、アツアツぶりをこれでもかとアピールした。


 極めつきは「安藤さんの体のどこが好き?」と聞かれた時だ。フェルナンデスは驚いたような表情で少し考えながら「脚」と答え、「セクシー!」と絶叫した。

 お互い幸せなのはいいことだが、放送後ネット上では批判が殺到。安藤といえば、“未婚の母騒動”で物議を醸し、一部で子どもの「父親」ともウワサされた恋人でフィギュア選手の南里康晴と破局。女性誌記者によると「あれほど献身的に彼女を支えていた南里君をポイ捨てして、フェルナンデスに乗り替えましたからね。その理由も、彼女の母親が『うちの娘とは釣り合わない。格が違う』と猛反対したからだとか。南里君は騒動が原因でフィギュア界から事実上干されてしまいましたし。彼の父親は安藤家に怒り心頭ですよ」と明かす。

 そうした背景があるだけに、この日のフェルナンデスとのラブラブアピールには「南里くんがかわいそう」「ツラの皮が厚いとはまさにこのこと」など、辛らつな意見が相次いでいる。

「タレントとして活路を見いだそうとしている安藤さんは、好感度をやたら気にしていますが、やることなすことすべてが逆効果。むしろ、炎上商法を勘繰りたくなるレベルです。子どもの父親も、依然として誰かわからぬまま。彼女は一体どこに向かっているのか……」(テレビ関係者)

 “嫌われ美姫”の孤独な闘いは続く――。

最終更新:2015/06/24 17:00
こんな記事も読まれています

「どのツラ下げて……」恋人とツーショット出演した安藤美姫に大ブーイング!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

ダイアン、東京進出のきっかけは…

フィギュアスケートの元世界女王でプロスケーターの安藤美姫が22日、3月のフィギュアスケー...
写真