日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 能年の苦悩動画に事務所の本音か

能年玲奈が「私の人生、谷ばかりすぎないか?」と苦悩、かんぽ生命CMに“レプロの本音”か!?

「動画の中には、『私に欠けているのは海なのだ!』と、海を舞台にした『あまちゃん』(NHK)を彷彿とさせるセリフも。今回、能年に演技の機会を与えたことも含めて、この動画は能年自身に送られたエールと解釈できる。しかし、能年が滝沢氏に心酔している限り、新規の仕事を入れるのは難しいというのが実状。実際、今年主演を務めるはずだった連ドラも、『ドタキャンの可能性がある』との事務所の判断により、白紙にせざるを得なかったといわれている。今回の動画から、レプロ側の『本当は能年にたくさん仕事をさせたい』という本音が伝わってくるようです」(芸能記者)

 今月迎えた22歳の誕生日も、滝沢氏の弟子仲間たちから祝ってもらっていたといわれる能年。動画の主人公同様、どん底から這い上がる糸口を見つけることはできるだろうか?

最終更新:2015/07/27 19:30
12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed