日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 早実・清宮にハニートラップの危機

“スーパー高校生”早実・清宮幸太郎くんに「ハニートラップ」の危機!? 週刊誌記者がファンを装って……

koyomiya0824wb.jpg『高校野球ドットコム』公式プロフィールより

 惜しくも準決勝で敗退してしまったが、夏の甲子園を沸かせた“スーパー高校生”早稲田実業高校1年生の清宮幸太郎に、“追っかけオバサン”が大量に出現しているという。

「試合後の宿泊先に、40~50代の中年女性ファンが殺到している」とスポーツ紙記者。早稲田実業といえば、かつて荒木大輔、ハンカチ王子の斎藤佑樹でもフィーバーが起きたことがあり、おなじみの光景とも思えるが、異様だったのは「週刊誌の女性記者が、ファンに紛れていた」(同)という。

「見たことがある顔がいると思ったら、週刊誌の記者なんですよ。明らかにいつも取材しているときの地味な服装ではなく、胸元を開けてスカートをはいていたので、びっくり。ファンのフリをして接近するつもりだったのでしょうが、清宮くんに電話番号か何か書かれているのか、小さなメモ紙のようなものを渡そうと必死な様子でした。見ていた限りでは、渡し損ねていましたけど」(同)

 この女性記者は広末涼子似の30代。以前、政治家に口説かれそうになったことが記者間で話題に上がったこともあるだけに、「もしかすると、そういうところを見込まれて、何かハニートラップみたいなものを仕掛けようとしたのか」と記者。

 この女性記者以外に目立っていたのは、露出度の高い黒のタンクトップを着た2人組の中年女性で、あるとき清宮に猛突進しようとして、遮った警備員と激突する騒ぎもあった。この警備員によると「(激突は)3度もあった」というからビックリだ。

「私がいても、お構いなしに押してくるので“プッシュおばさん”って呼んでいますが、あの2人は周囲の目を気にせず大きな声で『素朴な感じが食べたくなる』とか『まだ童貞よね?』とか、気持ち悪い会話をしていた」と警備員。


12
こんな記事も読まれています

“スーパー高校生”早実・清宮幸太郎くんに「ハニートラップ」の危機!? 週刊誌記者がファンを装って……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

加藤ひさしが語る32年間の軌跡

 ザ・コレクターズは不思議なバンドだ。1987年にメジャーデビューして以来、アルバム...…
写真