日刊サイゾー トップ > 芸能  > 山本耕史過去には別のタレントにも

堀北真希をオトした山本耕史の“ほぼストーカー”アタック、過去には別のタレントにも……

yamamoto0828.jpg『大河ドラマ 新選組!! 土方歳三最期の一日』(NHKエンタープライズ)

 清純派女優、堀北真希にストーカーばりの熱烈アタックで交際ゼロ日のまま結婚にこぎ着けた山本耕史だが、過去に別の女優にも同じアプローチをしていた疑惑が持ち上がっている。「ほかでまったく同じような話を過去に聞いていた」と、舞台女優Wさんが証言しているのだ。

「直筆の手紙が20通以上も届いた。仕事場にまで現れた。同じ乗り物に乗ってきた。いきなりプロポーズ……私が以前聞いた、ある女性への山本さんのアプローチが、今回の話とほぼ同じなのでビックリしているんです」

 Wさんが打ち明けたのは、過去、山本が交際を大々的に報じられた人気女性タレントAとのエピソードだ。Aが特定されないようにとの条件のため、Aの名前と交際時期は明かせないが、Wさんはその一部始終をAから聞いていたという。

 その話は、山本自らが8月24日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で明かした求婚エピソードとそっくりなのだ。

 山本は今回、堀北との結婚のいきさつとして、09年のドラマ初共演からアプローチをスタートさせたと話している。連絡先を聞き続け、飲みに誘い続ける猛アタックで、断られると舞台の楽屋などへ出向き、手紙を渡すようになったという。撮影スタジオにまで出向いた際には、堀北から「もう来ないで」と言われたが、今年5月、舞台で5年ぶりの再共演となるや稽古中から手紙を渡し続け、返事がなくてもその数は40通以上。最終的には堀北のスケジュールをキャッチし、同じ新幹線を予約。交際もしていなかった中でいきなり「結婚しましょう」とプロポーズしたことで、6月から交際開始、8月に同居し始めたという。

 Wさんはこの話を聞いて「まるでデジャブのよう」と驚いている。過去、山本がAにアプローチした際は「共演前から用もないのに収録現場などに姿を現して“よかったら帰りに送っていこうか”と声をかけてきた」という。


12
こんな記事も読まれています

堀北真希をオトした山本耕史の“ほぼストーカー”アタック、過去には別のタレントにも……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

清純派女優、堀北真希にストーカーばりの熱烈アタックで交際ゼロ日のまま結婚にこぎ着けた山本...
写真