日刊サイゾー トップ > エンタメ  > misonoの「炎上狙い」スベる

misonoの“結婚観”に非難集中!「炎上狙い」も壮大にスベる……

misono0909.jpg『misono公式サイト』

「もうこうなったら“炎上ブロガー”でもなんでも話題を作ろう。その覚悟が垣間見えますね」(芸能関係者)

 歌手のmisonoが、7日に更新したブログで「結婚できなさそうな女性芸能人」などのランキングで自身が上位にランクインすることが多いことに関し、「プロポーズをされても、結婚しなかっただけ!」「妥協したくなかっただけ!」と結婚できない女ではないこと、いつでも結婚できる状況にあり、焦っていないだけとアピールした。

 ここまでは、「独身女性の悲哀を込めた強がり」として可愛げもあるかもしれない。問題はその後に続けた文章である。

「妊娠したら、別居&事実婚して、専業主婦になって、子供と、沖縄に住んで、ひっそりと、ゆっくりと、暮らしたい!」

 この発言に、ネット上では大ヒンシュクの嵐が吹き荒れている。「どこまでも自己中心」「子どものことすら考えられないクズ」「子どもすらアクセサリー」と子どもへの思いが欠如していると指摘する声、さらには「いつもの虚言癖だろ」「かなり病んでる」など、彼女の精神状態を指摘する声も目立った。

「今年の3月、かねてから30歳で引退することを明言していたにもかかわらず、『以前からの仕事が残っているし、今年になって新しい仕事も入ったから』との理由であっさり引退を撤回。『閉店セール商法』『アホくさ』と散々にこきおろされました。ただ、それで“味をしめた”可能性も大きい。彼女の精神状態に関するネットユーザーの指摘も一理ありますが、簡単に引退撤回できるような根性で、心を病むなんて釈然としませんね。得意の“炎上狙い”と見られてもしょうがないですよ」(同)

 昨年10月に発売された『家 -ウチ- ※アルバムが1万枚売れなかったらmisonoはもうCDを発売することができません。』は、公式サイトを見る限り5,000枚程度しか売れておらず、本来であればおいそれとCDを発売できる状況ではない。しかし、その約束すらも簡単に“撤回”しかねない底の浅さが、今のmisonoにはある。

「もし、CDは当分出せないとmisonoが本気で考えているのであれば、あとはバラエティしかない。オファーも少ないなかでの苦肉の策だったのかもしれません。ただ、これまでのあまりにもガキっぽい言動や虚言の失態を考えれば、使ってくれるプロデューサーや司会者はそうそう現れないと思いますがね」(同)

 妙に長ったらしいブログも健在で、言葉遣いも「三十路」としては限りなく幼稚。その上思考まで子どもではフォローのしようがない。misonoが、いわゆる“結婚生活”に興味があろうとなかろうとそれは本人の自由だ。しかし、“極端”な結婚観や将来の家庭設計をブログで公開してしまえば、どのような反応がくるかなど想像するまでもないだろう。やはり“策士”だったのだろうか。仮にそうだとしても、壮大にスベッてはいるが。

最終更新:2015/10/09 16:53
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真