日刊サイゾー トップ > 芸能  > 川島さんの亡がらを前にバトル?

川島なお美さんの亡がらを前にマスコミ同士の怒鳴り合いが勃発、太田プロと遺族の確執も発覚で……

kawashimanaomi1005

 女優の川島なお美(享年54)の訃報は日本中に衝撃を与えたが、その舞台裏では2つのバトルが勃発していた。

 ひとつは、川島さんが亡くなった当夜に起きた、カメラマン同士のマジゲンカだ。

「川島さんの訃報が発表された9月24日夜、都内の川島さん宅には約40人の報道陣が殺到しました。日付が変わった25日未明に、ストレッチャーに乗せられた川島さんと夫の鎧塚俊彦さんが車で帰宅。遺体が自宅エントランスに運び込まれる決定的瞬間を収めようと、カメラマンが自宅前駐車場で小競り合いを展開したのです」(テレビ局関係者)

 ケンカの原因は、スポーツ紙の男性カメラマンだったという。

「そのカメラマンがワイドショーのカメラの真ん前に陣取ったため、『しゃがめよ!』『撮れねえよ!』などと怒号が飛ぶ、物々しい事態になった。それでもスポーツ紙カメラマンは譲らず、遺体が自宅に運び込まれた後、ワイドショーのスタッフや芸能リポーター5~6人が『アンタ、どこの社だよ!』と、烈火のごとく問い詰めました。でも、そのスポーツ紙カメラマンも『なんで(社名を)言わなきゃいけないんだよ!』と応戦。挙げ句の果てには、スポーツ紙カメラマンとワイドショーの屈強な男性カメラマンがメンチを切りながら『オマエ、なんなんだよ!』と互いに肩と肩をぶつけ合う、子どもじみたケンカに発展しました」(同)

 その直後に、川島さんの関係者が自宅内に入っていき、それを追いかけるためにバトルは自然消滅したが、なんとも見苦しいケンカだったようだ。

「昔は、カメラマンが他社に決定的瞬間を撮らせまいと小突いたりするのは日常茶飯事だった。近年は、カメラマンも各社協調姿勢で、そこまで激しいバトルはなかった。久しぶりに繰り広げられた小競り合いだったけど、さすがにやりすぎでは……」(同)

12

川島なお美さんの亡がらを前にマスコミ同士の怒鳴り合いが勃発、太田プロと遺族の確執も発覚で……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

東方神起・ユンホ“19禁MV”の凄味

────劇場か、配信か。映画の公開形態はこのどち...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教える自然災害×コロナ回避法

女優の川島なお美(享年54)の訃報は日本中に衝撃を与えたが、その舞台裏では2つのバトルが...
写真