日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 香里奈ドラマは負のスパイラル?

2話目でもう視聴率“レッドゾーン”! 香里奈ドラマ低調は“負のスパイラル”が関係か?

karina0426.jpgTalented-Girls-Stylish(彩文館出版)

「打ち切り待ったなし!」といわれても仕方がない結果だ。視聴者の間では必ずしも評判が悪いわけではないのだが……。

 女優・香里奈の主演ドラマ『結婚式の前日に』(TBS系)の第2話の平均視聴率が4.6%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)であることが分かった。初回7.7%の時点で濃い暗雲が漂っていたが、2話にして5%未満という“レッドゾーン”に突入してしまった。

「5%未満を出して、“打ち切り”も現実味を帯びてきました。今クール、各局の秋ドラマは初回、2回と2ケタキープする作品が多い中で、この数字は余計に目立ちます。内容自体は『ストーリーがいい』『泣ける』など好意的な意見も多く、難病を患う香里奈や婚約者の鈴木亮平の演技、そして久石譲の音楽などを評価する声も多いので、本来ならばここまで低視聴率を叩くドラマではないように思うのですが……。やはり、香里奈の“大開脚写真”流出の余波があまりに大きかったということでしょうか」(芸能記者)

 本人や脇を固める共演陣の好演に、ストーリーも悪くないとくれば、低視聴率の原因はもはや明白だ。2014年、写真週刊誌に「下着で大開脚写真」を掲載された香里奈のイメージ払拭は極めて難しい状況なのだろうか。前クールに放送されたEXILE・AKIRA主演の『HEAT』(フジテレビ系)も記録的低視聴率で打ち切りとなったが、それに迫るレベルまできている。

「演技うんぬんの問題ではないとすれば、主演や端役というポジションに関係なく、今後香里奈がドラマや映画に出演することは難しくなるでしょう。ドラマの内容に関わらず“香里奈”で見る、見ないを判断する視聴者が多いということです。有力なスポンサーがついてくれない可能性も大きく、テレビ局にとってもメリットがありませんからね。これからは、もともと本業であるモデルとしての活動一本に絞るのでは?」(同)

「香里奈 期間限定ブログ with GINGER」も番宣用に開設し、撮影以外のオフショットなどが掲載されてはいるものの、アクセスランキングでは上位に顔を出せないまま、逆に痛々しさを演出しているような気がしてならない。今の彼女は、何をやっても裏目な“負のスパイラル”に陥っているのかも……。

「月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)なんかよりは断然おもしろい」という声もある。なんとか“打ち切り”されない視聴率まで回復させ、今後の仕事につながる結果を残してほしいものだ。

最終更新:2015/10/21 23:00
こんな記事も読まれています

2話目でもう視聴率“レッドゾーン”! 香里奈ドラマ低調は“負のスパイラル”が関係か?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

「打ち切り待ったなし!」といわれても仕方がない結果だ。視聴者の間では必ずしも評判が悪いわ...
写真