日刊サイゾー トップ > 芸能  > 二階堂ふみが宮崎あおいを駆逐!?

“ゲゲゲの母さん”二階堂ふみが、宮崎あおいを映画界から駆逐する日

fumi1023

 現在放映中の「ネオファースト生命保険」のCMに“目玉のおやじの妻”役で出演している二階堂ふみの評価が、急上昇している。顔立ちや雰囲気が似ていることから、“ポスト宮崎あおい”と言われ続けてきた二階堂だが、デビュー当時から業界内外で絶賛されてきた演技力に磨きがかかり、「もはや、宮崎以上の女優に成長したのでは?」という声が多く聞かれるようになった。

「二階堂は、2009年公開の役所広司初監督作品『ガマの油』で映画デビューして以来、ヴェネツィア国際映画祭や日本アカデミー賞、ブルーリボン賞、エランドール賞など、国内外の主要な映画祭で次々と女優賞を獲得し、いまや若手女優ナンバーワンと推す映画関係者は少なくありません。特に、ヴェネツィア国際映画祭の最優秀新人賞であるマルチェロ・マストロヤンニ賞は、同時受賞の染谷将太と共に日本人初受賞の快挙となりましたから、業界内では引く手あまたの女優となっています。一方、宮崎はV6の岡田准一との不倫疑惑や年齢的な衰えから『旬を過ぎた』とささやく声が多く聞かれます。どちらかといえば、ドラマよりも映画出演のほうが多い2人ですが、勢いに乗る二階堂が、映画界から宮崎を駆逐する日は近いと目されているようです」(芸能関係者)


 演技力に関しては“天才”とまで評されることもある二階堂だが、その突飛な発言も注目を集めることが多い。

「“自称・変態”の二階堂は、『もっと変態と仕事がしたい』など、歯に衣着せぬ発言をすることでも有名です。映画『脳男』の記者会見では、首を絞められるシーンで気絶しそうになり『“みんな死ね”って思いました』と発言したり、監督から痩せるように要求されると『“なんだよ。早く終われ、この現場”と思った』など言いたい放題。映画『この国の空』での撮影中には、終戦直後の設定ということから、監督に付けワキ毛をするように要求されると、これを猛烈に拒否。その立ち振る舞いは“もはや大物女優”とまでいわれています」(同)

 いまや数少ない“本格女優”として、将来を嘱望されている二階堂。はたして、宮崎のポジションを奪い取ることができるのだろうか?

最終更新:2015/10/25 08:00
こんな記事も読まれています

“ゲゲゲの母さん”二階堂ふみが、宮崎あおいを映画界から駆逐する日のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

瓜田、ジャニーさんの少年愛に持論

 解散、脱退、不祥事など、このところジャニー...…
写真
インタビュー

いま注目の若手No.1芸人登場!

 ありそうでなかったチャラ男漫才でブレーク間近といわれるEXIT(いぐじぃっと)...…
写真