日刊サイゾー トップ > 芸能  > 今年の紅白は『真田丸』一色!?

今年の紅白は『真田丸』一色!? 『花燃ゆ』惨敗で井上真央はテレビ観戦へ……

inouemao1204.jpg

 総合司会者選びが混迷を極めている、大みそかのNHK『紅白歌合戦』。一部でタモリの名前が報じられるも、すぐに立ち消えとなった。

「NHKサイドは9月末にタモリへオファー。タモリからは同局の有働由美子アナ、もしくは『ブラタモリ』の相棒でもある桑子真帆アナと一緒ならOKと内諾を得ていた。ところが、台本の量がハンパないことがわかり『こんなに覚えられないよ』と断念したようです」(業界関係者)

 タモリに注目が集まる中、肩身の狭い年越しとなりそうなのが、今年の大河ドラマ『花燃ゆ』で主演を務めた井上真央だ。2011年の紅組司会の実績と近年の傾向から、紅白を盛り上げる司会の一角を担うところだが、視聴率が惨敗したこともあって、井上の存在はなかったことになりそうな気配だ。


「NHK大河の主演を務めた女優はその後、民放に出演する際のギャラ相場は5倍になる。その一方で、数字が取れないというレッテルが貼られてしまうと、出演料アップどころかオファー自体がなくなってしまう諸刃の剣でもあります。井上本人も自分の価値が下がっているのを肌で感じており、いまだに『番宣に出たい』とか、『私、脱いでもよかったのに』と言いだす始末で、精神的に不安定になっているといいます」(同)

 そんな“黒歴史女優”などもう用済みとばかりに、今年の紅白は年明けスタートの大河ドラマ『真田丸』を徹底的に押していく演出になるという。

「大河ドラマには1本1億円の制作費がかけられていますから、2年続けてコケるわけにはいかない。脚本を務める三谷幸喜や主演の堺雅人を審査員に呼んで、これでもかと盛り上げていくようです」(同)

 大河ドラマに主演しながら、早くも「あの人はいま」状態の井上。大みそかは、家で『紅白』を見ることになるのだろうか?

最終更新:2015/10/26 10:40

今年の紅白は『真田丸』一色!? 『花燃ゆ』惨敗で井上真央はテレビ観戦へ……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

山田邦子がYouTuberに!?

総合司会者選びが混迷を極めている、大みそかのNHK『紅白歌合戦』。一部でタモリの名前が報...
写真