日刊サイゾー トップ > 芸能  > 菜々緒が「性悪女」市場で完全開花

同じ“棒演技”でも佐々木希とは違う! 菜々緒が「性悪女」市場で完全開花へ

nanao1029関西テレビ・フジテレビ系『サイレーン」公式サイトより

 モデル業にとどまらず、女優としても活躍中の菜々緒が“開き直り戦術”で重宝されている。

 菜々緒は、現在放送中の連続ドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(関西テレビ・フジテレビ系)に出演。同作は「週刊モーニング」(講談社)で連載されていた人気コミックス『サイレーン』をドラマ化したもので、刑事の中でも初動捜査に携わる、通称「キソウ」と呼ばれる機動捜査隊の物語だ。

 菜々緒は、主演の松坂桃李と対峙する“完全悪女”の殺人鬼・橘カラ役で、20日放送の第1話では、瞬き一切なしの冷酷さで“殺し”を遂行した。


 アクションシーンもふんだんに盛り込まれているため、菜々緒は9月初旬から柔術の稽古をスタート。周囲も驚くのみ込みの早さで、撮影時には「完全に格闘家の雰囲気だった」(ドラマ関係者)という。

 菜々緒といえば、抜群のプロポーションばかりに注目が集まるが、実は女優としても「完璧主義。見かけによらず努力家で、現場でも好感が持たれている」(同)。演技自体の評価は「う~ん」という声が多いものの、悪役をやらせると、その“棒演技”が見事にハマるという。

「そのことは本人も十分わかっていて『私は主役じゃなくていい』『こうなったら、嫌な女を極める』と話しているそうです。似たようなタイプで、佐々木希さんもいますが、彼女は所属事務所の意向もあってか、感じのいい役しか引き受けない。結果、視聴率も振るわず、話題にもならない。同じ“棒演技”でも、菜々緒さんのほうが可能性を感じますね」とはテレビ関係者。

 “性悪女市場”では、菜々緒が頭ひとつ抜け出ているようだ。

最終更新:2015/10/30 12:00

同じ“棒演技”でも佐々木希とは違う! 菜々緒が「性悪女」市場で完全開花へのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

完全終了!? テレ朝『報ステ』

 テレビ朝日が、夜の看板報道番組『報道ステー...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

モデル業にとどまらず、女優としても活躍中の菜々緒が“開き直り戦術”で重宝されている。 菜...
写真