日刊サイゾー トップ > 芸能  > インパルス堤下が生放送で暴言

本性? 泥酔? 病気? ネット生放送で“ブチギレ暴言”のインパルス・堤下敦に驚愕

tutumishita.jpg怖い人??

 お笑いコンビ・インパルスの堤下敦が、とんでもない姿をネット上にさらしてしまった。いったい何があったのか……。

 15日の深夜、堤下は自身の公式チャンネルでインターネット生放送を敢行。放送内では、複数の素人女性と会話する企画を行ったのだが、会話をした女性のうちの1人と、決して冗談の範疇ではない暴力的な“口ゲンカ”を披露してしまった。

「かなりの泥酔状態なのか、終始ロレツが回っていない状態の堤下は、ある女性との会話でドスのきいた声で物騒なセリフを連発。失恋をしたというその女性に対し『なんだよ、ケンカしてえのかゴラア!』と意味不明にキレると、『ケンカじゃねえよ、失恋したんだよ』という女性の怒りの反応に『知らねえよ、てめえの失恋なんか!』『バカが!』と回答するなど常に険悪。女性が『ザコ芸人』と捨てゼリフを吐いて通話を終了させると、堤下は『バカ、ボケ』と悪態をついたんです。その後、別の女性と通話した際は声を荒らげてはいませんでしたが、うつろな表情とロレツは変わらないままでした」(芸能記者)

 堤下ほどの有名芸能人が泥酔状態のままインターネット生放送をする時点で、視聴者としては違和感を覚えてしまうが、動画にあるように、他人を口汚いセリフで罵る姿に衝撃を受けた人は非常に多い様子。「荒れてるなぁ… 心配になるレベル」「堤下発言ひかえねーとあかんな」と、ネット上のコメントからもその“ドン引き”具合がわかる。

 もともと「若いADとか後輩芸人には、ヤクザみたいな巻き舌で説教をする」、「森三中の黒沢かずこをいじめていた」など、テレビでは見せない凶暴な一面がウワサされていた堤下。最近はテレビで見る機会もめっきり減ったが、今回の生放送でその本性が表に出てしまったということか。

「今回の騒動は、堤下の芸人人生を終了させるほどのインパクトがあります。ただでさえ悪いウワサが絶えない上に、その“実態”まで見せてしまったんですから。ここまで印象が悪くなってしまうと、テレビや広告でも使いづらいでしょう。相方である板倉俊之との不仲は有名ですし、助けてくれそうな人物もいない。このまま表舞台から完全に消える可能性も……」(同)

 ネット上には「右顔に軽い脳梗塞の症状があるように見えた」という投稿も見られる今回の堤下。本性なのか病の兆候なのか、それとも単なるネタのつもりなのか……。不可解な疑惑が消えない騒動だ。
 

最終更新:2015/11/17 11:15
こんな記事も読まれています

本性? 泥酔? 病気? ネット生放送で“ブチギレ暴言”のインパルス・堤下敦に驚愕のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

お笑いコンビ・インパルスの堤下敦が、とんでもない姿をネット上にさらしてしまった。いったい...
写真