日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 寺門ジモンの飲食店レイプに非難

寺門ジモンの身勝手「飲食店レイプ」ぶりに非難の嵐! その上をゆく「信仰活動」には、仲間もウンザリで……

dachou.jpg太田プロダクション公式サイト

 17日放送の『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)で、ダチョウ倶楽部の肥後克広と上島竜兵が、寺門ジモンの“迷惑行為”を謝罪する企画を行った。

 番組では、グルメで有名な寺門の被害を受けた飲食店に潜入。市ヶ谷の店では、オープン前の4時半に来てゴルフの話をして仕込みの邪魔をするというエピソード。白金高輪にある店では、オープン直前の時期に、松阪牛を一頭買いした寺門が2日間に渡って店舗を貸しきった上、参加者には1万5,000円の会費を取り、店には一切の金銭を払わなかったという話など、なかなかぶっ飛んだ寺門の行動が暴露された。エピソードのたびに肥後と上島は謝罪を繰り返していたが……。

 ネット上では「食通っていやしいよね」「最低なやつだ」と非難のコメントが多く散見された。自分の欲望を満たすために、客の立場を利用して我がもの顔で飲食店で横暴を尽くす寺門の姿に嫌悪感を抱いた視聴者が多かったようだ。

「寺門が生粋の“肉好き”というグルメ志向であることはわかりますが、今回のエピソードはさすがに非常識。もともと年に6度は山ごもりをし、常に戦闘を意識するなど『ネイチャージモン』というあだ名をつけられる変わり者。だいぶ浮世離れした人物ですが、冗談にならないレベルの迷惑行為ですからね。ネット上でも『もともとめんどくさそうだと思ってた』というコメントも多くありますよ」(芸能記者)

 一般人の感覚とかけ離れた人物像の寺門。ただ、こういった“生態”以上に知人やダチョウ倶楽部のメンバーの頭を抱えさせるのが、彼の「信仰」ぶりだという。

「寺門が創価学会の学会員であるという情報は、非常に多く出回っています。単に信者というだけなら個人の自由なのですが、事あるごとに芸人仲間に入信を勧めているそうで、多くの関係者が『関わりたくない』と語っているそう。選挙時の動きはさらにすごいようで、『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』(日本テレビ系)で上島竜兵が『選挙前になると電話かけるのやめてくれ!』と暴露したほど、創価学会の系列である公明党の票獲得に向けて必死に活動しているそうです。入信するつもりのない人がウンザリするのも無理はないかと……」

 寺門には、自分の信じた道を疑いなく突き進む“オラオラ”な一面があるようだ。グルメも信仰も自由であり、本人の気のすむまでやればいいと思うが、他人に迷惑だけはかけないでほしいものだ。

最終更新:2015/11/19 12:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』忯子の死去と貴族の葬儀

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真