日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 今度のゴリ推しは河北麻友子?

オスカー“高部あいタブー”の裏で、河北麻友子のゴリ押しが始まる!?

kawakita1202河北麻友子オフィシャルブログより

「オスカー内では、いまだに高部あいの話題は完全タブー。その替わりというか、“かわいい系”枠で、河北さんをどんどん押し出す方向のようですよ。今まではモデルやバラエティの仕事が多かったのですが、今後はドラマの仕事を増やしていくようです」(芸能事務所関係者)

 これまで2度にわたり実写化された、鈴木由美子原作の大人気漫画『白鳥麗子でございます!』が、約20年ぶりに実写ドラマ化&映画化されることが決定。主人公に、生粋のニューヨーク育ち、“リアル”お嬢様女優No.1の呼び名も高い、河北麻友子が抜擢された。


「ただ、放送局はtvk、テレ玉、チバテレ、メ~テレ、KBS京都、サンテレビ、KBC九州朝日放送といった、地方局がメインなんです。通称、UHFドラマと呼ばれ、制作費も格段に安いことで有名です。実際、このドラマのエキストラのギャラは2,000円で、交通費も上限2,000円と、かなり安いですね。共演者もほとんどが無名の人で、実質、河北さん頼みのドラマになりそうです」(ドラマスタッフ)

 河北のギャラも1本30万円と、連ドラとしては破格だという。

「それでも、本人はこれをチャンスと捉えているようで、モデルやバラエティの仕事を控えてでも、女優としてやっていきたいようです。オスカーは武井咲、剛力彩芽、忽那汐里の“ゴリ押し三姉妹”が結果を出せていませんからね。ここで実績を残せば、彼女たちに代わってオスカー若手女優の筆頭に躍り出るかもしれません」(同)

 はたしてドラマ同様、高笑いできるか――。

最終更新:2015/12/04 15:33
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed