日刊サイゾー トップ > 芸能  > 喜多嶋舞を擁護する関西タレ

論点ズレすぎ!? 「実子裁判」喜多嶋舞を“擁護”した関西女性タレントの的外れ感

haruka.jpg遙洋子ネットワーク公式サイト

 完全な“炎上狙い”であることを見透かされていて、滑稽にも映る。しかも論点が……。

 28日に放送された『胸いっぱいサミット!』(関西テレビ)で、タレントでコラムニストの遙洋子が、大沢樹生と長男の親子関係不存在裁判に関して発言したのだが……。

 遙は、「長男は大沢の子ではない」と発言し、実母ながら育てる道を放棄しようとする喜多嶋に「あたしは喜多嶋さん側に立ちたいと思います」と宣言。パネラーである東国原英夫が「(長男が実子でないことを)それは絶対言っちゃイケないでしょ?」と反論しても「聞き流せ!」とまったく意に介しない状況で、会場は一時絶句状態。終いには、大沢の子かどうかわからない状況で「一か八かやいうて産んだ女の何が悪い!?」と叫んだのだ。

 遙は、基本的に女性目線での著書などでも知られており、今回の発言が自分のスタンスを強調した「炎上狙い」と見る向きが大半。ネット上でも「炎上商法お疲れ様」「誰だこいつ」と、炎上を見透かしたような彼女の発言に冷ややかなコメントが大半を占める。

 そして、多くの人がこの遙の発言の“浅はかなミス”に気づいていたようだ。ネット上には、この裁判において喜多嶋がバッシングを受ける理由と、今回の遙の発言は「論点」が違うと指摘する。

「遙は『一か八かやいうて産んだ女の何が悪い!?』と発言していますが、長男を産んだことだけを責められているわけではないでしょう。無論、喜多嶋が大沢との結婚前後に不貞をしたことは事実ですが、産んだ子に関し『大沢さんの子』と真実と異なる発言をし、親権から逃げ惑い、裁判終結後にコメントもない喜多嶋の“姿勢”こそが一番問題視されているのです。遙が『喜多嶋の味方』をするのは勝手ですが、論点がズレているとなれば、単純なポジショントークとして聞くことしかできませんね」(記者)

 複雑な男女関係はときおり耳にすることもある。大沢と喜多嶋のような状況になった夫婦も世間には必ずいるだろう。過ぎてしまった事はどうしようもないが、その事実が発覚した際、血のつながりがあり、その原因になった母親が「現実逃避」するような行為をしてバッシングされるのは、極めて当然では。大沢の味方というわけではないが、喜多嶋の言動を支持する声が少ないのは至極真っ当なように思うのだが……。

 余計な恥をさらしてしまった形の遙洋子。今後の芸能活動は厳しくなったかも!?

最終更新:2015/12/02 23:00

論点ズレすぎ!? 「実子裁判」喜多嶋舞を“擁護”した関西女性タレントの的外れ感のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

瓜田純士、夫婦間の山一抗争勃発!?

完全な“炎上狙い”であることを見透かされていて、滑稽にも映る。しかも論点が……。 28日...
写真