日刊サイゾー トップ > 芸能  > 紅白初出場3組にファンから悲鳴!

「出ないでほしかった!」Superfly、BUMP、ゲス極……紅白初出場3組に、ファンから悲鳴

gesu1207.jpg「両成敗」(ワーナーミュージック・ジャパン)

「がっかりした人も多いのでは?」

 そう語るのは、老舗レコード会社幹部だ。大みそかのNHK『紅白歌合戦』の出場歌手が発表され、初出場はSuperfly、BUMP OF CHICKEN、ゲスの極み乙女。ら10組となった。

 だが、ここで挙げた3組は、必ずしも本人やファンが出場を望んだものではないという。音楽関係者が、声を潜めて明かす。

「Superflyは、かねてからオファーをもらっていたが、断っていたんです。団体行動が苦手みたいで(笑)。BUMPも元来、テレビには出ないグループで有名でした。レコード大賞にノミネートされているゲス極も、本人たちは乗り気でなかったところを周囲が説得したそうです」

 金看板の『紅白』だが、その威光が役に立つのは演歌歌手においてのみで、すでに磐石の人気を誇るAKB48やジャニーズグループにとっては拘束時間も長い上に、ギャラは「民放の半額以下」(同)と割に合わない。落選して物議を醸した、ももいろクローバーZの関係者は、昨年の『紅白』の舞台裏で「全然稼ぎにならねぇ!」と、グチをこぼしていたともいわれる。

 アーティストイメージにも、必ずしもいい影響をもたらすとは限らない。

「NHK=保守のイメージですから、大衆迎合と見なされてしまう部分はある。亡くなったロックミュージシャンの忌野清志郎さんなんかは『紅白に出るくらいなら、死んだほうがマシ』と言い切ったほど。対照的に、反権力と思われていたフォークの大御所・吉田拓郎さんが出場した際は、ファンからブーイングが上がりました。独特な世界観を持つアーティストは、出ないほうがいい場合もある。今回の初出場3組のファンの中にも『紅白には出ないでほしかった……』という人は多い」(前出のレコード会社幹部)


12
こんな記事も読まれています

「出ないでほしかった!」Superfly、BUMP、ゲス極……紅白初出場3組に、ファンから悲鳴のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

「がっかりした人も多いのでは?」 そう語るのは、老舗レコード会社幹部だ。大みそかのNHK...
写真