日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小島瑠璃子のオトコ関係

実は田舎のヤンキー!? テレビ出演女王・小島瑠璃子の「力不足疑惑」と「オトコ関係」

kojimaruriko.jpgHORIPRO公式サイトより

 15日、2015年のタレント出演番組本数ランキング(ニホンモニター調べ)が発表され、女性部門で小島瑠璃子が初めて女王の座となった。本数は429本と女性では圧倒的。『S☆1』(TBS系)や『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)、『おはスタ』(テレビ東京系)という帯番組のレギュラーを持ち、他のバラエティ番組にもコンスタントに出演し続けた結果といえる。その活躍ぶりに、HKT48の指原莉乃も「スゴすぎる。モンスター」と完敗を認める状況だ。

 若干21歳にして仕切りが上手、と業界内では評判の小島。決して番組の邪魔になることなく『S☆1』ではメインMCも務めているのだから、その力は本物といえるだろう。だからこそなのかもしれないが、やっかみは少なくない。

「『ワイプの顔がきらい』『なんでこんなに売れてるんだ』『好感度高い“風”タレント』と、ネット上ではけっこうなことを書かれています(笑)。確かに、進行が上手なのは認めますが『わざわざ小島を出す理由は?』と聞かれるとよくわからない人は多いです。他にもMCができる女性はいるでしょうし、最悪『アナウンサーでよくないか』という結論を出す人も。20日の『S☆1』でも、登場したメジャーリーガー・田中将大投手に対しての対応も単なる若い女の子そのものでしたし、競馬の予想コーナーでも“適当”だったような……」(芸能記者)

 ネット上では好感度は決して高くない様子。かつて高い好感度を保持したベッキーの「二の舞になる」ともいわれている小島だが、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演した際、共演した菊地亜美に「朝のレギュラーもやって、昼もやって、夜もやって、スポーツキャスターもやってて、こういう単発の『ダウンタウンDX』とか超ナメてるんですよ!」と“腹黒ぶり”を冗談めかしてではあるがバラされてしまっていたが……。

「小島が6年間、バレンタインチョコを渡し続けたハデ目の同級生がテレビ番組に登場したことがあったのですが、2人並んでいる姿はまるで“田舎のヤンキー”のようでした(笑)。今年9月にはモデルのロビンとの熱愛がキャッチされるなど、恋愛には積極的なようですね。あの人当たりなら、モテて当然といったところでしょうか。とかく何もかもを“器用”にこなせてしまう分、性格を疑われるのもある程度仕方ないのでは?売れっ子の宿命です」(同)

 次々と新しいタレントが出てくる芸能界を考えれば、大活躍の小島ですら“安泰”とはいえないのだろう。稼げるうちに稼ぐのも一興かもしれない。

最終更新:2015/12/23 12:00
こんな記事も読まれています

実は田舎のヤンキー!? テレビ出演女王・小島瑠璃子の「力不足疑惑」と「オトコ関係」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

15日、2015年のタレント出演番組本数ランキング(ニホンモニター調べ)が発表され、女性...
写真