日刊サイゾー トップ > 芸能  > 2015年“消えたタレント”は?
数字で読み解くテレビ

かもめんたる、デニス、はんにゃ……2015年“消えたタレント”は?

kamomentaru1225.jpgかもめんたる公式サイトより

とにかく明るい安村、藤田ニコル、おかずクラブなど、今年もたくさんのニューフェイスがブレークを果たしたが、その一方で、テレビから姿を消した人気者も少なくない。そこで、番組出演データを元に“消えたタレント”を調べてみた(出演時間は、2013年、14年それぞれのプライムタイムで比較)。

●山岸舞彩(アナウンサー・元タレント)
2014年 36時間19分(31回)
2015年 3時間28分(3回)
増減率 -90.5%

『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のキャスターとして知られていたが、今年7月下旬に結婚を発表、9月いっぱいで同番組を降板、芸能界を引退した。

●川越達也(料理人)
2014年 39時間56分(23回)
2015年 4時間13分(4回)
増減率 -89.4%

『お願い!ランキング』(テレビ朝日系)をきっかけに、イケメンシェフとしてブレーク。ここ数年、減少傾向が続いているが、2015年は9割減。最近は、ディナーショーやイベントへの出演が目立つ。

●アイドリング!!!
2014年 62時間53分(38回)
2015年 11時間27分(9回)
増減率 -81.8%

 活動10年を迎えた今年10月末でメンバーが全員卒業し、活動休止状態に。先日、元メンバーの菊池亜美が「卒業生全員にAV禁止令が出されている」と発言し、話題に。はたして、裏切り者は!?

●デニス(お笑いコンビ)
2014年 41時間2分(25回)
2015年 7時間36分(4回)
増減率 -81.5%

 ブラジル人とハーフの植野行雄と松下宣夫のコンビ。植野は昨年、マテンロウ・アントニーらと共にハーフ芸人としてブレークしたが、今年は出演時間が激減。植野のピンでの出演が増えたのかと思いきや、こちらも約8割減となっている。

●みかん(ものまねタレント)
2014年 43時間16分(28回)
2015年 8時間10分(4回)
増減率 -81.1%

 土屋アンナや西川史子のものまねでブレークするも、今年はジャニーズJr.ものまねのジャガーズや、ジャイアンものまねのカズマ・スパーキンといった変りダネに席巻されてしまったようだ。

12

かもめんたる、デニス、はんにゃ……2015年“消えたタレント”は?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

有村架純と森田剛が共演『前科者』レビュー

 寄り添うという言葉は、柔らかいイメージがあ...…
写真
インタビュー

橋本梨菜、「ムチで思い切り叩いて」に衝撃…

とにかく明るい安村、藤田ニコル、おかずクラブなど、今年もたくさんのニューフェイスがブレ...
写真