日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『紅白』不振はマスコミ締め出し?

『紅白』不振の理由は“マスコミ締め出し”だった? 籾井会長の側近が「余計な気を回して……」

kohhaku0105NHK『第66回NHK紅白歌合戦』公式サイトより

 昨年大みそかに放送された『第66回NHK紅白歌合戦』の視聴率が2日発表され、第1部(午後7時15分~9時)が前年を0.3ポイント下回る34.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、第2部(午後9時~11時45分)が前年を3ポイント下回る39.2%と、歴代最低記録だった。

 毎年『紅白』を大々的に報じている各スポーツ紙上でさえも、3日の記事には「サプライズ演出に乏しかったことも要因のひとつと言えそうだ」「大胆な改革が必要な時期に来ているのではないか」など、手厳しい表現が目立った。さらに、ネット上ではトリが近藤真彦、大トリが松田聖子だったことに対する批判が殺到するなどしたが、舞台裏では報道陣とNHKの熾烈なバトルが繰り広げられていたようだ。

「毎年、紅白終了後には局内にある食堂で大々的な打ち上げが行われ、出場歌手やその関係者、記者クラブ加盟社の報道陣が出席していた。ところが今年、NHKから記者クラブに対して、一方的に『打ち上げへの参加はNG』との通達があった。その理由を要約すると、『出場歌手サイドから、“記者がいるのはどうかと思う”と物言いがついた』という。とはいえ、ジャニーズ勢はカウントダウンコンサートのためにさっさと帰るし、出席している歌手はそんなに多くないはずだ。記者クラブ側はNHKに対して再考を申し入れたが、認めてもらえなかった」(レコード会社関係者)

 その原因を探ると、どうやら、就任以来数々の“問題発言”がクローズアップされた籾井勝人会長周辺の意向が影響していたようだ。


12

『紅白』不振の理由は“マスコミ締め出し”だった? 籾井会長の側近が「余計な気を回して……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

セクハラ&パワハラ事件が映画化

 忠誠心を見せろ。全米最大のニュース専門チャ...…
写真
インタビュー

次世代コント「ゾフィー」の野望

昨年大みそかに放送された『第66回NHK紅白歌合戦』の視聴率が2日発表され、第1部(午後...
写真