日刊サイゾー トップ > 芸能  > 客をボコボコに!高岡奏輔の「狂気」

絡んできた客をボコボコに……“半グレ集団”ルーツの高岡奏輔が見せた「狂気」

takaoka0113『仁義なきやくざ2』(株式会社オールイン エンタテインメント)

 俳優の高岡奏輔が一般男性に暴行を働き、傷害容疑で逮捕されていたことがわかった。

 事件が起きたのは、今月7日の午前8時40分ごろ。東京・世田谷区三軒茶屋駅近くの飲食店で男性と口論になり、路上に連れ出して顔面や腹を殴った。

 男性は軽傷で、高岡は「偶然居合わせて絡まれ、カッとなって殴った」と容疑を認めている。すでに釈放され、当局は在宅のまま捜査を続ける見込み。


 高岡といえば、芸能界屈指の武闘派で有名。ゴシップ誌などでは、過去に半グレ集団の代名詞である「関東連合」の一員だったという記事も掲載された。

 酒グセが悪いことでも知られ「今回も酔っ払った高岡さんが絡んできた客にブチ切れ、路上に連れ出してボコボコにしたそうだ。よほど場慣れしているのか『おりゃー』と興奮気味に殴るのではなく、冷たい目で淡々と殴っていたようだ」(事件を知る関係者)という。

 私生活では、女優の宮崎と2007年に結婚するも、11年末に離婚。その過程で妻とV6・岡田准一の不倫疑惑が浮上した際には「高岡が岡田を都内のカラオケ店に呼び出し、集団で“監禁”。大声で相手を威嚇し、壁を殴るなどして岡田を震え上がらせた。あまりの恐怖に岡田は土下座謝罪して、芸能界引退を口にするほどだった」(同)。

 最近は、歌手の鈴木亜美との交際で世間をにぎわせた。東京郊外のマンションで同棲し、一時は結婚秒読みともウワサされたが、それもちょうど1年前に破局。

 女性誌記者は「高岡さんも鈴木さんも大のお酒好きで、交際中はかなり乱れた生活を送っていたようです。クラブDJとして活動する彼女の酒グセはさらに悪化し、一部のクラブから“出禁”が通達されるほど。彼との交際末期は、はた目から見ても不安定で、ブログもネガティブな言葉が並んでいた。『このままではまずい……』と彼女の周囲が破局の方向に持って行ったようですね」と話す。

 ネット上では、韓流偏向報道のフジテレビ相手に孤軍奮闘した高岡を“神扱い”している者もいるが、凶暴な素顔は相変わらず。芸能界にいる限り、今後もこの手のニュースでマスコミを騒がせることになりそうだ。

最終更新:2016/01/13 12:00
こんな記事も読まれています

絡んできた客をボコボコに……“半グレ集団”ルーツの高岡奏輔が見せた「狂気」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

売れっ子おじさん俳優・川瀬陽太の素顔

俳優の高岡奏輔が一般男性に暴行を働き、傷害容疑で逮捕されていたことがわかった。 事件が起...
写真