日刊サイゾー トップ > 芸能  > 芸能界で「押尾エンガチョ」が流行

芸能界に「押尾エンガチョ」が流行中! 考案者は“元カノ”矢口真里?

芸能界に「押尾エンガチョ」が流行中! 考案者は元カノ矢口真里?の画像1

 芸能界で、ひそかに“押尾エンガチョ”なる言葉が流行中だ。

 2月下旬、ある情報番組で都心の商店街をリポート中だった女性タレントが、ロケ先で「ここにはよく押尾学が来る」という話を聞いた瞬間、「あ~残念、“押尾エンガチョ”だから、二度と来られないよ」とつぶやいたという。

「その時はカメラが回っていなかったので、それはどういう意味かと聞くと『押尾学に近づかないって意味』だって。『押尾とはヘタに知り合うと一緒に写真を撮られて、ネットに掲載されちゃうから』と言っていました。そんなこと、この女性タレントだけが言っているのかと思ったら違うんです。スタジオに戻って“押尾エンガチョ”の話をしたら、ほかの出演者もその言葉を知っていて『ひそかにはやっている』って言うんです」(収録スタッフ)

 押尾がそんな呼ばれ方をしたのは、おそらく2月18日のインスタグラムに投稿した写真が原因だろう。押尾はサッカーJ1浦和レッズの柏木陽介、李忠成、ガンバ大阪の岩下敬輔と肩を組んでいる写真を掲載し「昨日は楽しかったな」という一文を書いたが、これがサッカーファンから批判を浴び、選手らはチームから注意を受けるハメになったのだ。

 押尾は2009年、一緒に麻薬を使用したホステスが死亡、麻薬取締法違反と保護責任者遺棄致死罪で2年6月の実刑判決を受けた問題人物。それだけに選手らのもとには、押尾との関係を聞こうと記者が押し寄せており、柏木は慌てた様子で「『写真一緒に撮ろう』と言われましたが、『(ネット上に)載せないでくれ』と言った。勝手に友達みたいに載せられて困っている」と友人関係を全否定。食事をしていて、偶然に出会っただけだとした。

 押尾はその後、Twitterで「嘘つきが多いな…自分が可愛くてしかたないのかな」と意味深につぶやいていたが、もし柏木の話が事実なら、押尾は人気選手たちと一方的に写真を撮り、ネット掲載したことになる。先日、ロックバンド「LIV」の活動を再開しているだけに強引な売名行為とも思える話で、これに過敏に反応したのが芸能界のタレントたちだった。

「確かに、同じように押尾に写真を撮られて友人みたいに振る舞われたら、CM契約やレギュラー番組が危なくなってしまうタレントもいますよ」と前出スタッフ。

 押尾は最近、連日のようにインスタグラムにプライベート写真をアップしており、繁華街で顔を合わせただけでもネタにされるとなれば、人気タレントたちが戦々恐々とするのも無理はない。

 押尾エンガチョの“エンガチョ”とは、主に子どもたちが片手の2本指を交差させるなどしたポーズで、一時的な絶縁を指したりする風習。押尾にとってはひどい言い方だが、前出のスタッフは「別のタレントから聞いたところでは、昔、押尾と交際していたウワサもある矢口真里が考えたものらしい」とした。

 復活ライブでは集まったマスコミに、親指を立てる「サムズアップ」ポーズで不敵にアピールした押尾だが、芸能界の面々からは2本指の「エンガチョ」ポーズで拒否され、麻薬事件の悪いイメージに回復の兆しはない。
(文=片岡亮)

最終更新:2017/05/16 19:27
こんな記事も読まれています

芸能界に「押尾エンガチョ」が流行中! 考案者は“元カノ”矢口真里?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

立川志らく、落語界からは大酷評

 秋の番組改編で、低視聴率が続く朝の情報番組...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が語る「殺害予告」の真実

芸能界で、ひそかに“押尾エンガチョ”なる言葉が流行中だ。 2月下旬、ある情報番組で都心の...
写真