日刊サイゾー トップ > 芸能  > ポストベッキー小島瑠璃子が脱落!? 

“ポストベッキー”最右翼の小島瑠璃子が脱落!? 「元カレ」のメディア露出急増で……

kojiruri031501.jpg

 ベッキーの“後釜”をめぐり、最右翼かつ最もピリピリしているのが小島瑠璃子だ。

「事務所的には、この機に乗じて勢力を拡大したいのが本音だろうが、メディアで小島の名前が連呼されるのもマイナスと考えている。芸能イベントでは『ベッキーに関する質問はしないように』とマスコミにお達しもあったという。慎重に事を進めたいのでしょう」(スポーツ紙記者)

 そんな中、想定外の事態が発生した。2014年9月に写真週刊誌「フライデー」(講談社)で小島との買い物デートを報じられたモデルのロビンが「呂敏」に改名し、露出を増やそうとしているのだ。


 12日には都内で所属事務所の主催するイベント「オスカープロモーションメンズハッピーホワイトデー2016」に出席。お笑いコンビ「ヴェートーベン」から、「嫌いな曜日はフライデー」とイジられるひと幕があった。

 呂敏は動揺しながらも、笑顔で対処。熱愛報道に言及することはなかったが、今後もマスコミから質問が浴びせられる可能性は高い。

 当時、小島は熱愛報道を受け「友人のひとり」とコメントしていたが、同誌に掲載させたラブラブツーショット写真を見れば、それ以上の関係であることは明らか。周囲には「今までのカレ氏の中で一番相性がいい」とノロけていたとも報じられた。

「小島の担当者は『デタラメな記事だったから講談社に乗り込んだ!』と吹いていましたが、実際は事務所も把握していなかった。大事な時期だったため、強制的に別れさせたそうです」(同)

 ようやく世間も小島のスキャンダルを忘れかけた矢先、再び呂敏が目の前に現れた。

「今はもう別れていますが、彼女は清廉さが売り。このタイミングで熱愛過去を蒸し返されるのは誤算でしょう」(テレビ関係者)

 ポストベッキー争いに、影響が出なければいいが……。

最終更新:2016/05/31 13:49
こんな記事も読まれています

“ポストベッキー”最右翼の小島瑠璃子が脱落!? 「元カレ」のメディア露出急増で……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

アメフトを見れば国の内情が分かる!?

ベッキーの“後釜”をめぐり、最右翼かつ最もピリピリしているのが小島瑠璃子だ。「事務所的に...
写真