日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 奥菜恵、押尾学との“アレ”は…

祝、奥菜恵結婚! ところでアノ押尾学との“ニャンニャン写真”は、どこから流出?

okina0322

 女優の奥菜恵が、俳優の木村了と結婚した。木村27歳、奥菜36歳の年の差婚である。奥菜は、2004年に実業家の藤田晋と結婚するも翌年に離婚。08年には同い年の一般人男性とできちゃった再婚をし、2子をもうけるも15年に離婚していた。今回の結婚は3度目となる。

 奥菜といえば、1992年に13歳でデビュー。清純派女優として多くのテレビドラマ、映画、CMへ出演し、絶大な人気を誇っていた。だが、02年に押尾学との“ニャンニャン写真”が流出し、人気が急降下する。


「写真が掲載されたのは、当時アイドルのスキャンダルを連発していた『BUBKA』(コアマガジン、現・白夜書房)ですね。記事では“押■学”“奥■恵”と伏せ字になっていますが、本人たちと見て間違いないでしょう。裸のツーショット写真や、奥菜の色白のおっぱいなどもしっかりと写り込んでいます」(実話誌ライター)

 記事では“高部知子(わらべ)のニャンニャン写真を超える大衝撃!”とキャッチが打たれている。高部の場合、写真は元交際相手の少年から持ち込まれた。ならば、奥菜と押尾のケースでは流出元はどこだったのだろうか?

「諸説ありますが、写真の現像とプリントを行うDPE業界の関係者といわれています。押尾側がフィルムを現像に出し、それに気づいた第三者が持ち込んだようですね。客の写真を持ち出す職業モラルは責められるべきですが、当時は格安のDPEショップが無数に乱立していましたし、流出は防げなかったでしょう。むしろ、押尾サイドの無防備さが際立ちます」(同)

 現在ならばカップルの秘密の写真は、スマートフォンやデジカメに保存されるだろう。クラウドなどを通した場合、オンライン上の流出や、当事者によるリベンジポルノとして流出する危険性はあるが、基本的には第三者の目に触れることはない。奥菜恵の“ニャンニャン写真”流出はフィルムとデジタルの狭間の時代だからこそ起こったといえるだろう。
(文=平田宏利)

最終更新:2016/03/22 12:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed