日刊サイゾー トップ > 芸能  > 石井竜也はもともと不倫の常習犯

離婚・再婚を経ても治らなかった石井竜也の悪すぎる女グセ「もともと不倫の“常習犯”」

isii0322

 30歳年下の女性ファンとの不倫疑惑を「女性セブン」(小学館/3月31日・4月7日号)で報じられた歌手の石井竜也が17日、都内でラジオ番組の公開収録を行い、終了後、カナダ人のマリーザ夫人との2ショットを集まった報道陣に披露した。

 収録を終えた石井は、夫婦仲の円満ぶりをアピールするかのように、マリーザ夫人と手をつないで出口に登場。集まった報道陣に対し、「今回は本当に申し訳ないことをしたと、心から反省しています」と約5秒間頭を下げた。


「奥さんには、何と謝罪を?」との質問には「家庭のことなので失礼します」と答えず。すでに、同誌の発売前日の16日に公式ホームページで不倫を認め、謝罪文を掲載しているが、「書いた通りです。あれ以上の言葉を言う資格はない」とだけ話し、会場を後にした。

「『セブン』では30歳年下の20代半ばのファンとの不倫密会を報じられたが、今月11日の震災復興イベント出演直後の逢瀬とあって、大幅なイメージダウン。それを見越して、即座に謝罪し、おまけに夫婦仲の円満ぶりをアピール。とりあえず、すばやく“火消し”したことでダメージを最小限に食い止めることに成功した」(芸能デスク)

 同誌によると、都内にいる際は夫人がスケジュールを厳しく管理。おまけに、クレジットカードの明細もチェックするなど、不倫するスキはないはず。しかし、石井好みの女性にはスタッフが声をかけ、そこから不倫関係に発展し、主に地方で逢瀬を繰り返していたというから、何も今に始まったことではないようだ。

「ボーカルを務める米米CLUBが売れ始めてからは、女に困ったことがないのでは? いまだに、石井に接近したくて自分の連絡先を書いた手紙を渡してくる女性ファンはいくらでもいる。どうやら、今回発覚した女性のほかにも“地方妻”は複数いたようだ。以前、離婚した際も女グセの悪さが原因で、今の奥さんとの不倫・隠し子発覚が決定打だったが、再婚してもまったく治らなかったようだ」(音楽関係者)

 いわばスタッフも不倫のグルだったようだが、おそらく、今後は地方にもマリーザ夫人が同行し厳しく監視することになりそうだ。

最終更新:2016/03/22 11:30
こんな記事も読まれています
関連キーワード

離婚・再婚を経ても治らなかった石井竜也の悪すぎる女グセ「もともと不倫の“常習犯”」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【後編】

30歳年下の女性ファンとの不倫疑惑を「女性セブン」(小学館/3月31日・4月7日号)で報...
写真