日刊サイゾー トップ > エンタメ > スポーツ  > 岡崎慎司がイギリスで映画化?

レスター・岡崎慎司がイギリスで映画化? 主役になる条件がそろいにそろっている!

okazaki05119

 イングランド・プレミアリーグで奇跡と称されるクラブがある。それが日本代表FW・岡崎慎司が所属するレスターシティだ。下馬評では降格候補と見なされていたレスターだったが、シーズンが始まると並み居る強豪を次々と打ち破り、なんと4試合を残して勝ち点5差で首位を走っている。資金力の差が激しいプレミアリーグでは、これは奇跡としか言いようがない。日本でたとえるならば、J2の降格候補のクラブが優勝して昇格し、翌年J1で優勝。それぐらいの快挙といえるだろう。今、レスターは世界で一番注目されているフットボールクラブなのだ。

 イギリスでは、このままレスターが優勝すれば、その快進撃を映画化する予定があるという。映画の主役となるのは、エースストライカーであるジェイミー・ヴァーディが最有力だろう。ヴァーディは、プレミア記録となる11試合連続ゴールを決めるなど、文字通りレスターを牽引してきた。しかも、ほんの数シーズン前までアマチュアクラブに所属し、工場で働きながらプレーをしていたという、主人公にはもってこいのエピソードまで持っている。

 しかし、そんなヴァーディが前節ウェストハム戦で主審に暴言を吐いたとして、2試合以上の出場停止処分を受ける可能性が出てきた。レスターは、スタメンをほとんど変えずに戦ってきた。その中でもエースであるヴァーディの出場停止は、あまりにも痛く、勝ち点差が5とはいえ、現地では優勝の可能性は格段に下がってしまったと見られている。そんな中、注目が集まっているのは岡崎慎司だ。

「岡崎は、FWながら今シーズン5得点と数字的には少々物足りない状況です。でもそれは、前線からの守備、ヴァーディのためのスペース作り、中盤と前線をリンクさせるなど、ゴール以外の重要な役割を果たすべく黒子役に徹してきたからです。しかし、次節からは相棒のヴァーディがいなくなり、岡崎にはこれらに加えてゴールも求められています。ここで決勝点を奪う活躍などを見せたら、映画の主役候補に一気に躍り出ますよ。岡崎は開幕当初にチームメイトから差別発言を受けたこともありました。それでも明るく振る舞ってチームの和を生みだすことにも成功しました。少ないながらもバイシクルシュートや、顔面トラップからの珍ゴールなど、印象的なゴールも多いです。主役になる要素は揃っていますよ。現地ファンも『オカザキー! 主役になるチャンスだぞ!』『ここでオカザキに命運を託すことになるとは』『映画の山場ができただけだ』と、岡崎に期待している声は多いですね」(スポーツライター)

 サッカーの長い歴史の中でも稀有な存在のレスターシティ。そのクラブのレギュラーというだけでもすごいのに、命運まで託されているというのは、日本人としてとてつもなく誇らしいことだ。この逆境をチャンスに変えて、世界に岡崎慎司の名前を轟かせてほしい。
(文=沢野奈津夫)

最終更新:2016/05/19 17:27
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed