日刊サイゾー トップ > 芸能  > 文学賞逃した押切もえが必死

“第2の又吉”逃した押切もえが、路線開拓を急がざるを得ないワケ「『AneCan』の世代交代で……」

oshikirimoe0406.jpg

 モデルの押切もえが16日、ノミネートされていた「第29回山本周五郎賞」(新潮文芸振興会主催)の受賞を逃した。

 候補になっていたのは、押切にとって2作目となる『永遠とは違う一日』(新潮社)。受賞した湊かなえ氏の『ユートピア』(集英社刊)とは0.5ポイントの僅差だったといい、この結果を受け、押切は自身のTwitterで「次回作、頑張ろうと思いました」と、早くも次への意欲を示している。

 押切は、2013年に処女小説『浅き夢見し』(小学館)で小説家デビュー。『永遠とは違う一日』は、雑誌「小説新潮」(新潮社)で1年間連載していた6つの短編をまとめたものだ。

 選考委員がその筆力を高く評価する一方で、世間が同様に評価しているかというと、まだ到底そこまでには至っていない様子。また、ネット上では「本当に、自分で書いてるの?」「どうせまた、お得意の“プロデュース”でしょ?」と冷めた声も。

「モデル以外のキャラを探し続けてきた押切としては、今回の賞はのどから手が出るほど欲しかったはず。今回は、主催の新潮社の出版物だったことから、“盛り上げ要因”として便宜を計られた可能性も否めないが、それでも“受賞作家”の冠が付けば、“第二の又吉直樹”として世間に多才ぶりをアピールすることができた」(芸能記者)

 押切といえば「CanCam」(小学館)全盛期には、山田優や蛯原友里と並んでカリスマ的人気を誇っていたが、年齢と共に人気が低迷。2009年から看板モデルを務める「AneCan」(同)では、蛯原、高垣麗子と並び「トップ3」と称されてきたが、人気は2人に離され気味だったという。

「“劣化”が叫ばれて久しい押切ですが、最近では漂う負のオーラから『薄幸モデル』と揶揄されることもしばしば。さらに、蛯原と高垣がこの春、揃って『AneCan』を卒業したことで、押切が同誌最年長モデルとして、1人取り残される事態に。これから後輩の突き上げが待っており、世代交代も時間の問題。一刻も早く次の路線を開拓したいところ」(同)

 モデルとしての商品価値がなくなる前に、“第二の又吉”になることは叶うだろうか?

最終更新:2016/05/17 23:00

“第2の又吉”逃した押切もえが、路線開拓を急がざるを得ないワケ「『AneCan』の世代交代で……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

韓国芸能界の非道な仕組み

今週の注目記事・第1位「KARAク・ハラを追...…
写真
インタビュー

ゲキメーションの旗手登場!

モデルの押切もえが16日、ノミネートされていた「第29回山本周五郎賞」(新潮文芸振興会主...
写真