日刊サイゾー トップ > 芸能  > 福山雅治宅の住居侵入女、余罪も?

福山雅治宅の住居侵入女、大相撲「福山は悪霊に!」ビラまき事件との関係は……

 気になるのは、女が持っていたビラの「福山雅治=悪霊に取りつかれている」という内容。大相撲とまったく無関係なものであるが、この話には後日談があり、正確には「『福山雅治が悪霊に取りつかれている』なんてウソだ」といった内容だったと角界関係者。

「当時、ある元力士が宗教団体に絡んだイベントで、福山の話をしたことがあったんですが、それが福山ファンに誤解され、この女が暴挙に出たようなんです。事前に協会には、福山ファンから抗議電話が殺到してましたから。ビラには、福山より、大相撲に否定的なことが書かれていた。だから関係者は、回収したビラをマスコミに見せなかったんですよ」(同)

 確かに、あれが福山を中傷する内容のビラなら、国技館に持ち込む意味がない。乱入のタイミングも絶妙で、当時、豪栄道は新入幕ながら9勝1敗で単独トップ。相手の豪風もまだ2敗で、注目度の高かった瞬間だった。大相撲に対して、攻撃的な姿勢があったのではないかとみられるわけだ。また目撃情報では、女が当初、別の女性と2人で観戦していたという話もあり、精神的に錯乱した女の奇行というだけでは片付けられない何かがあったようにも思える。

 この土俵乱入女が熱狂的な福山ファンであれば、コンシェルジュと併せて、度を越した追っかけという見方もできる。福山を「ましゃ」と呼ぶコアなファンの中には、以前から自宅周辺など福山の私生活を覗こうと過剰な追っかけを続ける者がいることで知られ、所属事務所も徹底ガードを強いられてきた。福山と似た格好をさせた“影武者”も、マスコミ対策というだけではない理由があったといわれる。

 結婚後は人気が急落し、主演ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)が平均視聴率6%台の月9史上最低記録となった福山だが、いまだ根強い熱狂的ファンもいる。私生活は独身時代同様、ひた隠しにしているが、あらゆる角度から狙われてしまうのは気の毒だ。
(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)

最終更新:2016/05/27 10:00
12

福山雅治宅の住居侵入女、大相撲「福山は悪霊に!」ビラまき事件との関係は……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

戸田恵梨香、イケメン俳優と密会

 令和初となるNHK朝の連続テレビ小説『スカ...…
写真
インタビュー

朝倉兄弟『RIZIN』揃い踏みへ!

5月6日の夜、東京都渋谷区にある福山雅治の自宅マンション居室に侵入したとして、住居侵入容...
写真