日刊サイゾー トップ > 芸能  > “偽オネエ”尾木ママに迫る危機

絶賛炎上ビジネス中の“偽オネエ”尾木ママに「ショーンK攻撃」が迫っている!?

 このところ“ご意見番”から炎上キャラに成り下がってしまったのが、教育評論家の「尾木ママ」こと尾木直樹氏だ。

 北海道の男児置き去り事件では、北海道七飯町の林道で置き去りにされ行方不明になっていた小学2年、田野岡大和くんが、陸上自衛隊の施設で保護された事件について、ブログ上で両親を批判。


「今 大切なのは 子どもを救出し、命を守ることです!! こんな状況に置いた 親は厳しく批判されるべきです 警察にも間違いなく 逮捕されることでしょうね」や「しつけのお仕置きで 7歳を山中に放置するでしょうか 捜索隊 一刻も早く発見してほしい なぜ 見つからないのか」 と、置き去りが意図的なものである疑念をにおわせた。

 だが、今月3日朝に大和くんが無事発見されると、同氏は一転して「完全に行き過ぎ、失礼でした」と謝罪。ブログには批判が殺到し、同氏のブログには2日間で100万件以上のアクセスがあったという。

 そもそも尾木ママとは、何者なのか? 事情を知るテレビ関係者は「おネエキャラは演技で、れっきとした妻子持ち男性です。おネエ言葉を使いだしたのは、バラエティ番組で明石家さんまさんに『そのほうがしっくりくる』と言われ、真に受けただけ。結果“おネエの教育者”として人気に火がつき、以来、ブログや講演会の仕事で稼ぎまくっているそうです」と明かす。

 極論を言ってしまえば「金のため」とも思われるキャラ設定だが、それが良くも悪くも炎上を招き、同氏の知名度&収入アップにつながっていることは確かだ。

「尾木さんの私生活は謎の部分も多い。ショーンKのように、同氏の過去を探ろうと動き出しているマスコミもいるそうです」とは週刊誌デスク。尾木ママの素性がニュースになる日も、そう遠くはなさそうだ。

最終更新:2016/06/16 12:00
こんな記事も読まれています

絶賛炎上ビジネス中の“偽オネエ”尾木ママに「ショーンK攻撃」が迫っている!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

電気グルーヴ騒動を斬る!

このところ“ご意見番”から炎上キャラに成り下がってしまったのが、教育評論家の「尾木ママ」...
写真