日刊サイゾー トップ > 芸能  > 故・大橋巨泉氏の自伝ドラマに高い壁

主演は阿部サダヲに!? 故・大橋巨泉氏の自伝ドラマに高い壁「人気番組の放送局がバラバラで……」

 7月12日に急性呼吸不全のため亡くなった大橋巨泉氏の、自伝ドラマ制作に躍起になるテレビ関係者がいる。大橋氏とは昭和の時代に長く一緒に番組を作ってきた放送作家A氏は、70代の高齢とあって半ばリタイヤ中だが、「大橋ドラマだけは、自分で脚本を書いてでも作りたい」と腰を上げた。

「でも問題は、各局が協力してくれるかどうかなんだよ。複数のテレビ局の番組に関するものを使わなきゃいけないからね。たとえば日テレに話を持って行っても、TBSが協力してくれない、ということがあるんだ」(同)

 大橋氏の代表的な番組では『11PM』(日本テレビ系)、『巨泉のスター百面相』(フジテレビ系)、『クイズダービー』『ギミア・ぶれいく』(TBS系)、『世界まるごとHOWマッチ』(MBS)などがあるが、放送局はバラバラ。昨年放送されたドキュメンタリー『大橋巨泉がん4度目の闘い』はBS朝日で、今年はテレビ朝日系の『徹子の部屋』にゲスト出演もしている。

「闘病の様子はドキュメントをやっているテレ朝がいろいろ素材を持ってるから、お願いすれば話が早いかもしれないけど、過去の代表番組の権利関係は他局にあるから、半生をやるとなると、いろいろ難しい。『11PM』を『12AM』とするとか、架空の番組名でごまかすこともできるけど、それじゃあ視聴者は納得できないだろうし……」

 それに、遺族の許可も必要になる。

「夫人とは付き合いもあるので許してくれるかなとは思うけどさ、巨泉さんは放送作家としても一流で、夫人もかなり厳しく脚本チェックするだろうな。だから、そこで納得してもらえない可能性もあるんだ」(同)

 もうひとつ、古い司会者の自伝ドラマで視聴率が期待できるのかという問題もある。

「ワイドショーで巨泉さんの訃報を扱った部分は、特に数字が伸びはしなかったそうだからね。ドラマができても数字が悪ければ、彼の歴史を汚す結果になっちゃう。でも、ジャズ評論家から放送作家になって司会者、競馬評論家、実業家、政治家、海外移住とか、彼の人生をきっちりドラマにできたら濃いものになるんだけどなあ」(同)

12

主演は阿部サダヲに!? 故・大橋巨泉氏の自伝ドラマに高い壁「人気番組の放送局がバラバラで……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

ANARCHYが映画で望んだ表現

7月12日に急性呼吸不全のため亡くなった司会者の大橋巨泉氏の自伝ドラマ制作に躍起になるテ...
写真