日刊サイゾー トップ > 芸能  > 岡本夏生、映画オファーにブチ切れ

『5時に夢中!』降板で姿を消した岡本夏生、映画オファーにもブチ切れで……

okamoto0818.jpg

 東京のローカルテレビ局・TOKYO MXの生番組『5時に夢中!』を3月に降板して以降、めっきり地上波で見る機会が減った岡本夏生。現在も事務所には所属せず、フリーで活動している。

「実際、7~8年前から、全部ひとりでやっていましたね。特に営業活動もしていないので、オファーがない限り、テレビに出ることはないんじゃないでしょうか」(芸能事務所関係者)

 つい先日も、ふかわりょうとモメたように、とにかく岡本の周辺ではトラブルが尽きないようだ。

「先日、岡本さんと昔、仕事をしたことがあるプロデューサーが、仕事のない彼女を見かねて、映画出演のオファーをしたそうなんです。あくまで脇役としてなんですが、彼女は電話で2時間くらい企画や台本、ギャラについて彼を責め立て、結局、映画そのものも頓挫してしまったようです。おまけに、これが原因か、プロデューサーは体調を崩してしまったとか。この一件がまた業界で広がって、今では誰も彼女を起用しようって人はいないみたいですよ」(テレビ局関係者)

 当分の間、メジャーな仕事への復帰は難しそうだ。

最終更新:2016/08/18 08:00
こんな記事も読まれています

『5時に夢中!』降板で姿を消した岡本夏生、映画オファーにもブチ切れで……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

元NHK堀潤氏が語る権力とメディア

東京のローカルテレビ局・TOKYO MXの生番組『5時に夢中!』を3月に降板して以降、め...
写真