日刊サイゾー トップ > 芸能  > 坂口杏里の袋とじヌードに驚愕!

坂口杏里改めANRIの袋とじヌードグラビアに「また整形!?」……『大物女優の愛娘』のコピーに批判殺到

坂口杏里改めANRIの袋とじヌードグラビアに「また整形!?」……『大物女優の愛娘』のコピーに批判殺到の画像1

 10月1日にAVデビューする故・坂口良子さんの娘でタレントの坂口杏里が、“ANRI”名義で11月4日にヘアヌード写真集を発売することがわかった。

 9日発売の「フライデー」(講談社)は、写真集の撮影カットから、ANRIのセクシーグラビアを袋とじで掲載。どれも乳首やアンダーヘアは出ておらず、裸で佇むカットや、Tバック姿でお尻を露わにしたカットなどが確認できるが、注目すべき点は、顔の変化。歯茎が前方に出ている口元や、大きな目などにタレント時代の面影はあるものの、この写真を見て、一目で坂口だとわかる人は、おそらく少ないだろう。

 また、一時は激ヤセが話題となり、ファッションイベントに水着姿で登場した際には、ネット上をザワつかせたこともある坂口。しかし、今回のグラビアでは、健康的な肉付きが見て取れ、痩せすぎという印象は全く受けない。

 やはり、ネット上でも「だ、誰!?」「顔が全然違う!」「AKBにいそうな顔」といった声が相次いでいる。

「以前から整形疑惑が付きまとい、コロコロと顔が変わってきた彼女だけに、今回も整形を疑う声が。また、彼女はスタイルもごく平均的で、AV女優として何を売りにしようとしているのか、現段階では見えてこない。彼女が何作の契約を結んでいるのかわかりませんが、ルックスは“素人モノ”レベルですから、プレイなどどこか秀でた部分がなければ、この業界で生き残るのは難しい」(芸能記者)

 坂口といえば、バイきんぐ・小峠英二との熱愛報道で注目を浴び、一時はバラエティ番組やPRイベントに引っ張りだこだったが、交際宣言以降は仕事が激減。いつしか、所属事務所も退社していた。

 また、小峠との交際中、ホストクラブに入り浸る様子が週刊誌にキャッチされたことも。今回のAVデビューは、そんなホスト通いによる借金が原因と言われている。

「ANRIのグラビアには、『あの大物女優の愛娘』『お笑いコンビ・バイきんぐ小峠との熱愛も話題に』といったコピーが派手に躍っており、2013年に亡くなった母親や、元彼の名前で宣伝する気満々。そんな彼女のTwitterには、『あなたには名女優・坂口良子さんの娘というプライドはないのですか?』『親の顔に泥塗るな』といった批判が殺到。AVのパッケージにも、母親や小峠のコピーが載る可能性が高く、批判はさらに強まりそう」(同)

 タレント時代同様、またしても顔に話題が集中してしまったANRI。徐々にベールを脱ぐ彼女に、今後も関心が集まりそうだ。

最終更新:2017/06/08 17:10
こんな記事も読まれています

坂口杏里改めANRIの袋とじヌードグラビアに「また整形!?」……『大物女優の愛娘』のコピーに批判殺到のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

『ガチ星』が生ぬるい邦画界に追込み

10月1日にAVデビューする故・坂口良子さんの娘でタレントの坂口杏里が、“ANRI”名義...
写真