日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高岡早紀に「してヤラれた」松坂桃李

不満ツイートも痛いだけ……“魔性の女”高岡早紀に「してヤラれた」松坂桃李

 フェロモン女優の高岡早紀(43)が高笑いだ。15日発売の「女性セブン」(小学館)で、大人気俳優・松坂桃李(27)との浮名が報じられたのだ。

「密会スクープ 高岡早紀 松坂桃李『俺はあなたを困らせたい』」の見出しだが、松坂人気を踏まえた、女性誌側の配慮によるもの。真の主人公は高岡にほかならない。

 2人は舞台『娼年』で、R15指定になるほどの激しい濡れ場を演じている。俳優同士がベッドシーンを演じると、私生活でも……というのはよくあるパターンで、この2人も例外ではなかった。

 同誌によると、2人は東京公演初日の1週間前に、そろって韓国料理店へ。そこでの高岡の仕草は、まさに“魔性の女”と呼ぶにふさわしく、松坂が「チヂミ」を注文しようとすると「私も同じこと思ってた」と合いの手。かと思えば、いきなり「今の私大丈夫? スッピンだから恥ずかしい」などと、両手で顔を覆い隠すそぶりも見せたという。

 さらに、松坂が「そこにホクロあるよね」と指さすと、高岡は「いやらしいところにあるでしょ?」と恥じらいながらも、艶かしい背中を見せつけたという。

 これで完全にスイッチの入った松坂は、年齢差を気にする高岡に対し「俺は思わない。一緒にいて楽しいし……うん、思わない。個人的には思わないけど、もしそうなら俺が年齢を重ねればいいのかなって」と力説し、高岡が「でもそうしたら、私も年齢を重ねるんだけど……困るよ、本当に」と返すと、松坂は「困ればいいよ。俺はあなたを困らせたい」と言ってのけた。

 これが同誌の見出しになっているのだが、結局2人はそれぞれ別々に帰路に就いたという。

 ワイドショー関係者は「高岡さんが、いかにハンパじゃない色気の持ち主かがわかる記事。松坂さんは、完全に魅了されてしまいましたね」と笑う。

 高岡にしてみれば、今が旬の超人気俳優を手のひらの上で転がしたのだから、悪い気がするはずもない。むしろ、彼女が記事をリークしたのでは? と疑いたくなるほどだ。

 対する松坂は、この報道に不満げ。同舞台が千秋楽を迎えた15日、Twitterで「舞台『娼年』終わりました」「こんなに自分がおかしくなるんじゃないかと思った作品は初めてです。その分、自分の中でとても大きな大事なものをもらった。この作品に関わった全ての方に感謝の極みです」と報告しつつも「そんな日に水を差すような記事が出て、なんだかな。となりますが」とチクリ。

 高岡という“モンスター”を前に、さすがの松坂にも歯がゆさだけが残ったようだ。

最終更新:2016/09/21 08:00
こんな記事も読まれています

不満ツイートも痛いだけ……“魔性の女”高岡早紀に「してヤラれた」松坂桃李のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

フェロモン女優の高岡早紀(43)が高笑いだ。15日発売の「女性セブン」(小学館)で、大人...
写真