日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高畑淳子、大損害を免れたワケ

高畑淳子、主演舞台初日は大成功! 息子・裕太の強姦致傷容疑逮捕でも大損害を免れたワケ

atsukotakahata0929.jpg

 8月23日に強姦致傷容疑で逮捕されたが、9月9日に不起訴処分となった高畑裕太の母で女優・高畑淳子主演の舞台『雪まろげ』が24日、東京・北千住のシアター1010で開幕した。

 各スポーツ紙などによると、昼公演は満席、夜公演もほぼ満席。どちらの公演でも、カーテンコールではスタンディングオベーションが巻き起こり、高畑は「ありがとうございました」と涙ながらにあいさつ。客席からは「頑張れ!」などと、高畑に対する歓声が飛んだという。

「主催者である東宝は、マスコミ用の客席を用意し、事前に撮影した舞台写真も提供。そのため、各マスコミは『女優魂を見せた』など、おおむね好意的な報道だった 。事件のおかげで、高畑や共演者はまったくプロモーション活動を行えなかったが、この報道が絶大なプロモーションになり、12月初めの地方公演まで各地の公演は満席になりそうだというから、予定通り公演を行って大成功だった」(演劇関係者)

 示談の内幕を報じた「週刊文春」(文藝春秋)によると、被害者の女性は裕太が行為を終えた後、元暴力団関係者の知人男性に相談。この男性が介入し、警察に通報した。裕太を逮捕させた上で、前面に立って示談交渉を進め、示談金1,500万円で告訴を取り下げたというが、水面下での高畑の対応が功を奏し、予定通り舞台を行うことができたというのだ。

「被害者の知人男性は、まず高畑の事務所に示談を求めて猛烈なプレッシャーをかけたという。そこで、高畑サイドは、ロス疑惑で三浦和義さん(故人)を無罪にするなど、らつ腕の弘中惇一郎弁護士の事務所に一任。焦った男性は、かなり高額を吹っかけたようだが、弁護士事務所が粘り強く交渉した結果、1,500万円で落ち着いたようだ。裕太逮捕から3日後、8月26日の会見で高畑は『被害者とされる方』『舞台に立つことが贖罪』などと発言し、示談中であることを暗ににおわせた。東宝も、高畑の事務所から示談で収まりそうなことを聞き、舞台上演にゴーサイン。裕太の仕事の賠償金も発生したが、もし、舞台が中止になろうものなら、高畑は億単位の賠償金を支払うハメになっていただろう」(週刊誌記者)

 裕太の不祥事による高すぎる“授業料”を支払った高畑だが、対応を間違わなかったことで大損害で免れたようだ。

最終更新:2016/09/29 11:19
こんな記事も読まれています

高畑淳子、主演舞台初日は大成功! 息子・裕太の強姦致傷容疑逮捕でも大損害を免れたワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

若手コント師、かが屋の真実

8月23日に強姦致傷容疑で逮捕されたが、9月9日に不起訴処分となった高畑裕太の母で女優・...
写真