日刊サイゾー トップ > 芸能  > 故・平幹二朗さんの悠々自適な晩年

故・平幹二朗さん、悠々自適の晩年だった「行きつけのイタリアンで、いつもワインを……」

hira.jpgケイファクトリー公式サイトより

 演劇界を代表する俳優で、10月22日に死去した平幹二朗(享年82)。

「突然の訃報に、周囲もいまだ動揺を隠せません。あの年齢で、あれだけの演技をする人は、芸能界にもそうはいませんからね。キャスティングでいつもライバルとなる近藤正臣さんが74歳、石橋蓮司さんが75歳と、それでも7~8つ違っていましたから、貴重な存在でしたよ」(芸能事務所関係者)

 1970年に結婚した女優の佐久間良子と84年に離婚してからは、独身生活を謳歌していたという。

「夕食はもっぱら、ひとりで行きつけのイタリアンで食べていましたよ。とにかくワインが好きで、いつでも飲んでいるイメージでしたね。好きな芝居をして、好きなワインを飲む、悠々自適な生活だったようです」(週刊誌記者)

 平といえば、一部でバイセクシャルとの報道もあったが……。

「表立ってカミングアウトしていたわけではないので、舞台を見に来たお客さんの前では男らしくしていましたね。でも、仲の良いスタッフや気兼ねしない人たちには、オネェ言葉で『お疲れ様~』なんて言ってましたよ」(舞台関係者)

 息子の平岳大は父親譲りの演技力で、芸能界では安泰だという。

「ガタイがいいですし、何より、あの三谷幸喜さんもお気に入りですからね。存在感はまだお父さんには及びませんが、舞台も数をこなしていますし、仕事には困らないんじゃないでしょうか。ライバルは藤本隆宏さんとか、甲本雅裕さんあたりですが、これを機に、一皮むけてくれたらいいですね」(テレビ局関係者)

 天国の父親を、うならせることができるか?

最終更新:2016/11/03 08:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

故・平幹二朗さん、悠々自適の晩年だった「行きつけのイタリアンで、いつもワインを……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

宇崎竜童、代表作を語る

演劇界を代表する俳優で、10月22日に死去した平幹二朗(享年82)。「突然の訃報に、周囲...
写真