日刊サイゾー トップ > 芸能  > 歩行困難でも…西田敏行の役者魂
本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

絶好調『ドクターX』の功労者・西田敏行、歩行困難でもヒール役こなす“役者魂”

nishida1123.jpg『ドクターX ~外科医・大門未知子~』テレビ朝日

 米倉涼子主演の人気ドラマシリーズ第4弾『ドクターX~外科医・大門未知子~』が、20%以上の高視聴率を維持。視聴率レースを独走しているが、その“陰の功労者”といわれている西田敏行の体調が心配されている。

 西田を知る映画関係者は「今年2月の事故前から歩行に障害はありましたが、その後、さらに悪化したようです。それでも現場ではつらい顔を見せず、役作りに没頭しています」という。

 西田は、米倉演じる大門未知子の敵役・蛭間重勝として、2シリーズ目から出演。とぼけたヒール役で、高視聴率に貢献してきた。

 ところが、今年2月、自宅マンションでベッドから転落して頚椎亜脱臼、4月に都内の病院で4時間半に及ぶ手術を受けた。首のほうは順調に回復したが、入院中に胆のう炎を発症、退院は5月まで延びた。

 退院後、西田を都内のスタジオで目撃した映画関係者から「西田は松葉杖をついて、複数の男性に抱えられながら、スタジオに入ってきたんです。顔は真っ青で、体調が心配されますよ」という情報を得ていただけに、10月からの『ドクターX』への出演が心配された。

 しかし、そんな心配をよそに、西田は今作にも顔を出した。やせてはいるものの体調はだいぶ回復しているという声もある一方、ドラマ内では、西田はほぼ椅子に座りっきり。たまに立っても、歩くシーンはほとんどない。

 関係者によると、西田はいまだに脚に力が入りにくく、歩行困難な状態だという。地方のロケや京都の撮影所の仕事が入っても、新幹線移動は負担が大きいため、移動は車で行っているようだ。

 それでも撮影現場に入れば、体を動かさなくても、表情や声で見事にヒール役をこなしている。さすがは名優だ。

 体は楽ではないだろうが、芝居をすることが生きがいであり、自身にとっての良薬なのだろう。歩行困難を隠してドラマや映画に挑む役者魂に、敬意を表したい。
(文=本多圭)

最終更新:2016/11/23 11:00
こんな記事も読まれています

絶好調『ドクターX』の功労者・西田敏行、歩行困難でもヒール役こなす“役者魂”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

英語を仕事にできるか・できないか

米倉涼子主演の人気ドラマシリーズ第4弾『ドクターX~外科医・大門未知子~』が、20%以上...
写真