日刊サイゾー トップ > 芸能  > “逃亡犯”扱いの成宮、行き先は?

すっかり“逃亡犯”扱いの成宮寛貴は、シンガポール経由でどこへ――

narimiya1215.jpg

 写真週刊誌「フライデー」(講談社)でコカイン吸引疑惑が報じられ、芸能界を引退した元俳優の成宮寛貴が、すっかり“逃亡犯扱い”だ。

 成宮はコカイン吸引の肉声テープの中身を報じられた9日に直筆コメントを残して、芸能界を引退。その前日8日に、すでに日本を離れていたことが判明した。

 以前からファッション関係の仕事に興味があり、元所属事務所に近い関係者によると「彼はデザイナーの知り合いが多く、そのツテを通じて東南アジア方面に旅立った」というが、額面通りに受け取るのは早計だ。

「実は成宮の名前は、マトリ(麻薬取締官)や、薬物事件を扱う警視庁の組織対策犯罪5課の間でも、以前から挙がっていたんです。それをフライデーに先にやられた形。成宮がビビッたのは、おネエ疑惑などセクシャルな問題を報じられることでもなければ、芸能界引退でもない。当局の動きですよ」(スポーツ紙記者)

 つまり、成宮の海外渡航は“逃亡”に近いというのだ。別の関係者も、こう指摘する。

「当局の性格上、疑惑を残したままの人物を、このまま放っておいてはメンツが潰れる。黙ってはいないでしょう。成宮はシンガポール経由で東南アジアに入ったようだが、かく乱のためなのか、フィリピンやタイなど複数の国を行き来している。当局も、その動きは把握しているそうだ」

 現時点で成宮の薬物疑惑は「グレー」だが、スピード出国とその後の足取りを見る限り、単なる現実逃避というわけではないのかもしれない。

最終更新:2016/12/15 10:00
こんな記事も読まれています

すっかり“逃亡犯”扱いの成宮寛貴は、シンガポール経由でどこへ――のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

御茶海マミの“リアル地下ドル”事情

写真週刊誌「フライデー」(講談社)でコカイン吸引疑惑が報じられ、芸能界を引退した元俳優の...
写真